スタート後に選手紹介⁉ 未熟な運営、平昌五輪に課題浮き彫り=スピードスケート世界選手権(朝鮮日報)
 9日から行われていた2017国際スケート連盟(ISU)スピードスケート種目別世界選手権(江陵スピードスケート競技場)が12日、幕を下ろした。各国の選手やコーチング・スタッフたちは大会施設や氷質にはほぼ満足している様子だった。ISUのヤン・ダイケマ会長(72)=オランダ=も12日、韓国人記者との懇談会で、「小さな電光掲示板が2つしかなかったのが残念だが、大会は非常に順調かつ無事に行われた」と評価した。

 しかし、平昌冬季五輪1年前の「リハーサル」的に行われた大会としては運営が未熟だったとの指摘も少なくなかった。各国選手やコーチング・スタッフが最も不便さを訴えたのは輸送に関する問題だった。車で1時間の距離にある公式宿泊施設(襄陽)と競技場(江陵)を行き来するシャトルバスが5台しかなく、運行間隔が30分・1時間・1時間15分などと不規則だったためだ。カナダ代表チームの関係者は「翌日のシャトルバス運行時間が前日夜になってやっと決まるなど、練習予定を立てるのに支障があった」と語った。基本中の基本である意思疎通ができず、運営に不便さを感じる事態もあったという。あるISU関係者は「選手の宿泊施設や輸送に関する問題を担当する組織委員会担当職員が英語ができず、別の担当者の助けを借りていた」と述べた。道案内するボランティアが観客席の位置を正確に知らずに迷う姿もしばしば見受けられた。

 全世界に生中継される五輪だったら恥をかきそうな一幕もあった。大会初日の9日、女子3000メートルの試合で、「レディ(用意)」という号令があった後に一足遅れで場内アナウンサーが選手を紹介したことだ。
(引用ここまで)

 まあ、誰にもコースや設備による負傷がなくてよかった。
 「課題浮き彫り」とありますが、実際に開催してみないと分からないことというのはいくらでもあるもので。
 というか、課題を出すためにプレ大会はやるわけです。
 見通しや予測が違っていたなんてことは普通にあることです。
 ……まあ、シャトルバスの運行間隔は最初から分かっているべきだと思いますけどね。
 さらにいえば英語のできるスタッフが少ないっていうのも事前に分かっていそうなものですが。

 「小さい電光掲示板しかなかった」というのはおそらく、工事を見直していてどちらにもつけてないってことなのかな。
 それともつけるつもりがないのか。
 この競技場は当初オリンピックでのみ使用して、閉会後は取り壊す予定だったものが事後活用もされることに決まったというもの。
 どうやらチェ・スンシル一族の横やりで、ということなのですけどね。

 電光掲示板が落ちてきたのは江陵スピードスケート競技場ではなくて、隣にあるアイスアリーナです。ついでにいうと、カーリングとアイスホッケーの会場もこの近くにあるようです。
 あの落下事故はなかなかの衝撃映像でしたからね……。

 あ、それと送風機問題をISU会長から指摘されて、使用を中止したそうです。
 本番でもちゃんとやってくれるんですかねー。

金メダリストが考えた 世界一の腰痛メソッド
清水宏保
マガジンハウス
2012/7/26