独島:「竹島の日」糾弾デモの韓国議員、日本の警察に連行(朝鮮日報)
 「竹島の日」を糾弾するために日本を訪れた京畿道議会のソ・ヒョンヨル議員(野党・共に民主党)ら5人が22日午前、島根県庁前での抗議デモ中に現地警察に連行された。ソ議員らは2時間後に釈放された。「竹島」は独島の日本名だ。

 ソ議員と韓国の市民団体「独島守護全国連帯」のメンバーら計5人はこの日午前11時ごろ、島根県庁前で開催された「竹島の日」記念式典の会場前で、韓国語で「独島は大韓民国の領土だ。日本は直ちに『竹島の日』を廃止せよ」と叫んだ。

 5人はさらに「独島は固有の韓国領だ。独島の日を廃止せよ」と、赤地に白い文字で書かれた日本語の横断幕を現場で掲げた。

 5人がデモを始めると、日本の右翼団体のメンバーが5人を取り囲んで抗議したが、物理的な衝突はなかったという。

 ソ議員によると、同議員らがスローガンを叫んだとたん、会場にいた数百、数千人の右翼メンバーが駆け寄ってきたという。その後、ソ議員らは警察に拘束されて警察車両に乗せられ、警察署に連行された。右翼メンバーらはバスの外から大声で抗議したが、小競り合いなどはなかったという。ソ議員らは約2時間後に釈放されたとのことだ。

 ソ議員らは20日に日本に入国する際にも3時間ほど空港に留め置かれた。日本の入国管理局側は、ソ議員らに日本訪問の目的などを集中的に尋ねたという。

 ソ議員らの入国に時間がかかったのは、ソ議員が昨年の「竹島の日」にも日本を訪れて島根県庁前で歴史歪曲(わいきょく)・独島強奪を糾弾するデモを実施し、警察に連行されていたからだ。
(引用ここまで)

 あたかも警察に連行されているのが、島根県庁前でのデモだけのように書かれていますが。
 実際には21日に大阪の韓国総領事館前でもデモをしていまして。
 そこでも連行されているのですよね。
 ついでにいえば記事中にあるように、去年の竹島の日の行事でも連行されている。

「竹島の日」抗議京畿道議員、日で2回連行(ニュース1・朝鮮語)

 逮捕されているというわけではないようですが、事前にそれぞれの県警・府警に連絡が行き届いていて、デモを始めたら確保というように算段ができているようです。
 こうやって行動する度に阻止をするというのはよいですね。
 そもそもが観光ビザでやってきているのでしょうから、デモ行為は違法なのですよ。
 警察へのデモ開催届け出もしていないでしょうし。
 であれば、横断幕を広げはじめた時点で確保で間違いなし。

 こうして海外になんらかの目的を持って入国している時点で、もっとも貴重なのは「時間」なのです。
 観光旅行であってですらそうなのですから、こうしてデモをするぞと意気揚々として入国してきた連中をその端緒で確保するというのは悪くない方法。
 「我々は!」って叫んだところでやめさせるというのは、心を折れさせるいい手段だと思うのですが……。
 向こうにしてみたら阻止されることも折り込み済みなのかなー。

角川で半額継続中。
日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21)
日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島
KADOKAWA / 角川書店
2014/9/10