イチローと交錯のバーンズ“解雇通告書”に苦笑い「部屋に貼って残していくよ」(デイリースポーツ)
 イチローと交錯したバーンズはメジャー5年、30歳の中堅外野手。マイナー契約から開幕メジャーを目指して今キャンプに参加している。練習後、自分のロッカーにあった“解雇通告書”を見て思わず、苦笑い。ゴードンが書いた文面の下に記されたサインがイチロー直筆だと知ると満面笑みで「部屋に貼って残していくよ」。イチローには謝罪したといい、周りの選手に「これまでいろいろとありがとう」と“ノリボケ”で笑わせていた
(引用ここまで)

 マイアミ・マーリンズのキャンプでイチローと交錯した選手が、イチローから手製の「おまえがクビだ!」というメモをもらったというニュースが出ていますが。
 生けるレジェンドからのジョークってことで、アメリカでもほんわかした感じのニュースとして伝えられています。
 本当に気を悪くしていたら、こんなジョークはできないよねってことで。

 メモには「You're cut!」と書かれています。
 この「You're cut.」というのはメジャーのキャンプに招待しているマイナー選手を、マイナーに戻すときのお約束の言葉。
 メジャー契約をしていないキャンプ招待選手(ノンロースターインバイティー)であるバーンズには痛いジョークなのですが。
 で、さらにその下に「Good Luck in Korea...」と書かれています(笑)。


 韓国野球でがんばってね、ということでしょう。
 ちなみにこのメモを書いたのはディー・ゴードン。2015年の盗塁王&首位打者。イチローは下にサインをしただけとのこと。
 他の選手もわざわざロッカーを空にする(おまえの居場所はもうないという宣告)という手伝いをしたそうです。
 楽しそうでなにより。

 いまのところ、韓国メディアはこのメモの件を報道してはいないようです。

マイナーもメジャーもワールドシリーズ制覇も体験した日記こと田口壮選手の体験記。
野球と余談とベースボール (マイナビ新書)
田口壮
マイナビ出版
2013/2/26