外交公館前の造形物設置「望ましくない」=韓国外交部(聯合ニュース)
慰安婦:外交部、釜山市などに公文書で「少女像撤去を」(朝鮮日報)
韓国政府、釜山東区庁に「少女像移転」の公文書(中央日報)
 趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は同日の定例会見で、「一般的な場合において、外交公館前の造形物設置は国際慣行の側面で望ましくないとの立場だ」と述べた。

 また、ソウルの日本大使館前の少女像についても同様の基準を適用できるとの意味かとの質問に対し「そうだ」と答えた。

 少女像の移転をめぐり、先ごろ政府が釜山の自治体に公文書を送ったことについては「少女像は民間で自主的に設置したため政府が(移転を)決定できないとの前提の下、慰安婦問題を歴史の教訓として記憶するためより適切な場所に像を移す方策について政府と自治体、市民団体などが知恵を絞る必要があるという立場を伝えるために送った」と説明した。

 自治体側が公文書を政府からの「圧力」と受け止めかねないとの指摘については「数回にわたり表明してきた立場をさらに明確に伝えるために送った。強要というよりは知恵を集める必要があるという趣旨だ」と述べた。
(引用ここまで)

 韓国政府が慰安婦像移転、撤去について多少は動きを見せてきたというところでしょうか。
 でも、よく見てみると自治体に丸投げしているだけで、韓国政府が主体としてはなにもしていないのですよ。
 釜山東区に「移転しろ」って公文書を送っただけ。
 自治体は中間管理職みたいなもんで、撤去でもしようものならまた電話パンクは間違いなし。
 もはや自治体レベルではどうしようもないし、日本政府も韓国政府に努力を求めているのが慰安婦合意の精神。

 日本政府の基本方針は日韓外相会談でもあったように「結果が大事」というもの。
 韓国政府、担当自治体、市民団体が具体的な協議をはじめるっていうのが、慰安婦合意でも書かれている「努力」の最低限度かなぁ。
 ま、それを判断するのは日本政府です。

 現状は「もうちょっと頑張ろう」ですね。

超一流になるのは才能か努力か? (文春e-book)
アンダース・エリクソン / ロバート・プール
文藝春秋
2016/7/30