「放射能まみれに…」 福島・仁川チャーター便に一部の韓国人が過剰反応(朝鮮日報)
「東南アジアに胎教旅行して、奇形児が生まれてしまった。大量の放射能にさらされた飛行機に乗ったということか」

 愛敬グループ系列の格安航空会社(LCC)「チェジュ航空」が、福島−仁川間のチャーター機を運航すると決めたことで、一部の消費者が反発している。福島県では、2011年の東日本巨大地震で原発事故が発生した。ここに飛んでいった飛行機は放射性物質にまみれているかもしれないので不安だという。

 チェジュ航空の福島チャーター便は、福島の旅行会社が韓国に行きたい日本人観光客およそ100人を乗せる航空便を要請したのに伴い、編成された。原発事故の後、アシアナ航空などが就航していた仁川−福島路線は運航が取りやめられ、現在韓国から福島へ向かう定期路線はない状態だ。この飛行機は、3月18日に福島から仁川へ飛び、20日に再び福島へ戻る往復スケジュールを組んでいる。

 17日、あるオンライン育児コーナーには「私たち家族が乗る飛行機が、もしかすると福島に行った飛行機かもしれないという不安があるので、予約を取り消した。今後もチェジュ航空には乗りたくない」という書き込みがあった。ほかのポータルサイトの掲示板にも「一体、日本の旅行会社からいくらもらって、原発が吹き飛んだ場所に飛行機を送るのか」という抗議の書き込みが載った。一部の消費者は「愛敬から出た製品は利用せず、AKデパートにも行かない」と、愛敬に対する不買運動を提案した。

 しかし、こうした懸念は過剰だと専門家らは指摘する。福島空港は、事故が起きた福島第一原子力発電所から直線距離で57キロ離れており、放射線の値はソウルより低い。国家環境放射線自動監視網によると、17日午前6時の時点で、福島空港の放射線の数値は毎時0.07マイクロシーベルトなのに対し、ソウルは毎時0.09マイクロシーベルトだった。
(引用ここまで)

 実際にチェジュ航空は記事の最後にあることをアナウンスしていたのですよ。
 福島の空間線量よりもソウルの線量のほうが高いのですよ、と。
 だけども、韓国人はそれを信用しない。
 人間がこういう状態に陥る場合、最大の理由は願望なのです。
 なので、そうあってほしいという情報以外はすべて遮断される。
 結果としてこのチャーター便は取り消されました。

 もはや東日本は放射性物質に汚染されて人間の住む場所ではなくなっている。それを日本政府も韓国政府も一緒になって真実を隠しているのだ、というような文脈ですかね。
 カイカイとかで日本旅行記が掲載されるたびに「放射能ガー」と叫んでいる韓国人がいますが、まったく同じ文脈です。

 日本でも放射脳なかたがたに事実を見せても信じようとしないのは、そうあってもらわないと困るからなのですね。
 もう移住しちゃったし、いまさら安全だって言われても困る。
 周りに大迷惑をかけてしまったし、忠告してくれた人を悪口雑言で罵ったので安全だと困る。
 じゃあ、危険であるということにすればいいのだ、と。
 それに反する事実はすべて邪悪な勢力によるデマであって、我々こそが正義の化身なのだとすればいい。

 そういった信仰に加えて、韓国人には「我々は日本人よりも上の存在である」という根拠のない思い込みがあります。根拠として「道徳性が上である」と真面目に言われることもありますけどね。
 東日本大震災で「日本沈没」という見出しを出した複数の新聞があったように、日本は神罰を受けたのだと考える韓国人が多いのです。
 彼らにとってはそれが信仰なのですよ。その象徴として「穢れた地」である福島との直行便は許せない存在なのですね。
 あくまでも「日本は終わった国」でなくてはならないのです。

検証 東日本大震災の流言・デマ (光文社新書)
荻上チキ
光文社
2011/7/1