韓国の年間出生児数40万人崩壊まで秒読み…人口の自然減少時代迫る(ハンギョレ)
 22日、統計庁が発表した「2016年出生・死亡統計結果」資料によると、昨年の出生児数は40万6300人で、2015年より3万2100人(-7.3%)減少した。出生児数は歴代最低値だ。1980~1990年代まで年間60万~70万人台だった出生児数は、2000年に入って急速に減少し始めた。2001年の55万人から2002年には49万2千人を記録し、50万人台が崩れてからも、昨年には40万6千人まで落ち込んだ。このような傾向なら今年は40万人を維持することも難しい見込みだ。

 (このような状況は)少子化によるところが大きい。昨年の合計特殊出生率(女性1人が生涯生むと予想される平均出生児数)は1.17人で、前年(1.24人)より0.07人(-5.6%)減少した。過去7年間で最低水準だ。この10年間、少子化対策予算におよそ80兆ウォン(約7兆9千億円)を投じたにもかかわらず、16年間極低出生力国に留まっている。経済協力開発機構(OECD)の極低出生力(lowest-low fertility)の基準線は合計特殊出産率1.30人だ。韓国は2001年、1.297人に下落した後、これまで極低出生力国から抜け出せずにいる。合計特殊出生率はOECD最下位水準で、地域別では世宗(<セジョン>1.82人)、全羅南道(1.47人)、済州(<チェジュ>1.43人)の順で高く、ソウル(0.94人)と釜山(<プサン>1.10人)が低い。

 統計庁のイ・ジヨン人口動向課長は「昨年、減少した出生児数は前年に1カ月間生まれた数と近い水準で、1カ月分の出生児が消えたようなもの」だとしたうえで、「結婚適齢期の30代前半の未婚率が約47%と高く、これらの人口自体が、ベビーブーム世代の子ども世代でベビーブームエコ世代と呼ばれる1979~82年生まれよりも少ない点などが、出生率の下落に影響を及ぼした」と話した。
(引用ここまで)

 これ、もう無理なんですよね。
 日本も同様なのですが、子供を産む親自身がすでに少子化時代に生まれている。
 構造的に減るしかない。

 出生率が増えているように見えるフランスですら、移民の子供か移民との子供しか増えていない。ドイツも同じように移民が出生率を押し上げている。
 その結果、ヨーロッパがどうなっているかはご覧の通り。

 現状の韓国の社会環境では「子供を育てたくない(育てられない)」という状況になるのは半ば以上当然のこと。
 結果として日本すらをも追い越して、少子化による人口消滅国家第1号になるであろうと予想されています。

 ま、それでも韓国は内需なんてさほど関係ない輸出メインの経済構造だからいいんじゃないですかね。
 ほら、究極的には南北統一という最終手段が残されていることですし。ソウル大学の教授曰く、元北朝鮮国民は奴隷のように酷使してもいいということですし。
 きっと大丈夫! 根拠はないけど!!

人口学への招待 少子・高齢化はどこまで解明されたか (中公新書)
河野稠果
中央公論新社
2007/8/25