日本の10億円 元慰安婦支援財団が一部を運営費に=韓国議員(聯合ニュース)
 朴氏はこの日、財団理事会の会議結果に関する文書を公表。理事会が財団運営費名目の予算を5億3500万ウォン(約5300万円)と策定し、これを日本の拠出金から支出することを決めたと指摘した。

 財団は文書で「日本の拠出金は全て被害者のために使用することが望ましいが、政府による予算削減などを踏まえて最低限の行政費用を日本の拠出金から出す」と説明している。

 韓国政府は昨年、和解・癒やし財団の運営費として1億5000万ウォンを支給したが、今年は「民間財団」である同財団に政府予算を振り向けるのは不適切だとの指摘を受け、関連予算を削減した。

 朴氏は「政府はこれまで、日本の拠出金全額を慰安婦被害者のために使用するかのように宣伝してきた。にもかかわらず、ここへきて一部を財団運営費に流用するのは不適切だ」と指摘した。
(引用ここまで)

 えーっと?
 ちょっと整理するとこういうことですかね。

 ・慰安婦合意による日本政府からの10億円の受け皿として財団が必要だった。
 ・去年、韓国政府によって「和解・癒やし財団」が設立された。
 ・去年は韓国政府から1億5000万ウォンの予算が計上されて運営費に使用された。
 ・今年になって「民間財団への支出はまかりならぬ」と予算が削減された。
 ・よって、「和解・癒やし財団」は日本政府からの10億円から運営費として使用する。

 自分の足を食べているタコじゃないですか。
 5億3000万ウォンってこれ1年分なんでしょうかね?
 10億円のうち、5%以上を費やすかぁ……。
 いまの韓国じゃ原資10億円を銀行に預けたところで定期預金の利息は1.65%。1650万円。
 元慰安婦に対する事業もあるので全額を定期等にすることもできないでしょうから、利息を運営費に充てることもできない。
 ……不動産を購入してその運用益を慰安婦に渡すというのはどうでしょうかね(笑)。

 ま、日本政府がすべきなのは10億円の拠出だけなので、自己資金に手をつけて消滅しようとも知ったこっちゃないのですが。
 ちなみにタコは捕食者に足を食べられても再生するのですが、ストレスから自分の足を食べると再生しないそうですよ。不思議ですね。

60%ポイント還元中〜。
不思議な生き物 生命38億年の歴史と謎 (角川学芸出版単行本)
池田清彦
KADOKAWA / 角川学芸出版
2014/5/15