大統領弾劾審判中に大統領権限代行弾劾カードを取り出した韓国野党(中央日報)
黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行が27日、崔順実(チェ・スンシル)特別検察官チームの捜査期間延長要請を拒否すると、野党が弾劾カードを取り出した。憲政史上初めてのことだ。大統領権限代行はもちろん、首相に対しても弾劾が進められたことはなかった。

共に民主党、国民の党、正義党の野党3党はこの日、3月に臨時国会を召集し、黄代行に対する弾劾を推進することで一致した。憲法第65条によると、首相に対する弾劾案は在籍議員の3分の1が発議し、在籍議員の過半が賛成すれば通過する。民主党(121議席)、国民の党(39議席)、正義党(6議席)が結集すれば過半議席を超えるため、黄代行の弾劾が可能だ。しかし一部では大統領権限代行は大統領に準ずる弾劾基準(在籍議員3分の2以上の賛成)を適用するべきだという主張もある。この場合、正しい政党(32席議席)と一部の無所属までが弾劾に参加しなければならない。

正しい政党は黄代行の決定を批判しながらも弾劾には参加しないという立場だ。 (中略)

野党側の大統領候補は黄代行に向けた総攻勢に乗り出した。文在寅元代表は「大統領と首相が憲法蹂躙と国政壟断の胴体であることを表した」と述べた。安熙正(アン・ヒジョン)忠南知事は「青瓦台(チョンワデ、大統領府)が事実上、組織的に捜査を妨害する状況であるため、黄代行は特検の捜査期間延長要請を受けるべきだった」と主張した。安哲秀(アン・チョルス)前国民の党代表側も「黄代行は国政壟断の反逆者ではなく国政壟断勢力の主犯であることが明らかになった」と語った。
(引用ここまで)

 どんだけ政治を停滞させれば気が済むんでしょうかね。
 今日で特別検察の任期が終了して、パク・クネに対する捜査が終了しました。世論は「任期を延長してすべての事実を掘り繰り返せ」という声が大きかったのです。
 特別検察からも先々週あたりに「一ヶ月の任期延長を」という申請があったのですが、ファン・ギョアン大統領代行はそれを認めずに捜査幕引き。

 大統領府への家宅捜索もできなければ、大統領本人への取り調べもできないという中途半端な結果に終わりました。
 ま、最初から「大統領への取り調べとか無理だよね」という空気は漂っていたのですけども。

 そこで野党は「特別検察の任期を延長しなかった」ということを理由として弾劾しようとしている、というのが今回の記事。
 パク・クネの弾劾が成立して罷免されたとしても、大統領選が行われて次期大統領が就任するまでは大統領代行は必要になるのですが。
 もはや韓国ではどこまでポピュリズムが進化していくのか、想像すらできませんね。

 記事にもありますが、首相の弾劾は国会議員の1/2で成立するので比較的楽にできるのです。
 もっとも、弾劾の採決ができる日程は3月16日以降と、おそらくはパク・クネ本人の弾劾裁判が終了している状況であってほとんど効力なし。
 話題の旬も過ぎてしまう上に、「大統領代行」である首相の弾劾は国会議員の2/3の賛成が必要になるのではないかとされていることから、ただ単に人気取りだけして終わりというのが実際の模様。

 もはや共に民主党はすべてのものに噛みついて、食い散らかすのがよいと思いますわ。
 米韓関係も中韓関係も日韓関係もぐっちゃぐちゃにして、また国を亡くすことでしょうよ。割と本気で。

認知症を「噛む力」で治す (らくらく健康シリーズ)
小野塚 實
SBクリエイティブ
2014/9/13