世界1位韓国ボブスレー、スタッフの内紛で成績低迷(朝鮮日報)
 昨年12月3日、カナダのウィスラー・スライディングセンター。2016−17年シーズン最初のボブスレー・ワールドカップ(W杯)の試合を前に、韓国代表チームのエースパイロット(操縦士)ウォン・ユンジョンが乗っていた4人乗りボブスレーがコース走行中に転覆した。現代自動車が独自に製作して韓国代表チームに寄贈したボブスレーだった。腰を負傷したウォン・ユンジョンはメーン種目の2人乗りでW杯出場を強行したが、けがの影響で第2走行時に小さなミスが出て結局3位に終わった。

 試合が終わったその日の夜、ボブスレーの装備担当コーチのハンシュリー・シーズ氏とファビオ・シーズ氏の親子が、走行担当コーチのエリック・ステファン・アラドゥ氏の所へ行った。シーズ親子は「走行方法の教え方が悪かったのではないか。なぜ突然ミスが出たのか」と問い詰めた。アラドゥ・コーチも激怒して、「そもそもボブスレーの整備が悪いからひっくり返ったのではないのか。ちゃんと仕事をしているのか」と反発した。双方の言い争いはしばらく続いたという。結局、装備担当のシーズ親子はチームをやめてしまった。当初は「家庭内の事情」と言っていたが、後に「アラドゥ・コーチと一緒には仕事ができない。申し訳ない」と連絡が来たそうだ。

 この出来事を境に、韓国のボブスレーは転落し始めた。この出来事の発端となったW杯第1戦3位を最後に、今季は表彰台に立っていない。今月18日にドイツで行われた世界選手権では21位にまで下がった。昨シーズン1位だった世界ランキングも今季は7位になった。感情的な争いに起因するコーチング・スタッフの内紛が順位下降を招いたのだ。

 シーズ親子は2014−15年シーズンから韓国代表チームに合流した。当時の走行コーチは英国出身のベテラン指導者マルコム・ロイド氏(当時67歳)だった。このころまでは韓国代表チームの仲には問題はなかった。しかし、ロイド・コーチが昨年1月に病気で突然他界、今シーズン開始前に後任としてアラドゥ・コーチが選ばれてから確執が起き始めた。(中略)

 装備担当技術者2人を失ったことで、チームがこれほどまでに順位を落とすことがあり得るのだろうか。ボブスレー関係者は「担当者がシーズ親子だったらそれもあり得る」と話す。ボブスレーは前後がつながっている構造だ。この接続部分をどれだけ締めるかによってカーブを抜ける時の衝撃や速度が変わる。世界各地のコースの特性を研究し、接続部分の締め付け具合を変えなければならないと言うことだ。

 ボブスレーはエッジの温度まで調節しなければならないほどデリケートな種目だ。エッジの温度が高いとボブスレーがコース氷を溶かしすぎて記録が悪くなる。こうしたあらゆる知識が装備コーチの「ノウハウ」から出てくる。

 ハンシュリー・シーズ・コーチは2006年トリノ冬季五輪の時はカナダ代表チームで、14年のソチ五輪時はスイス代表チームで働き、それぞれ銀メダルを取るのに貢献した世界トップクラスの技術者だ。このため、シーズ親子が韓国代表チームを去ると、ボブスレー関係者の間では「韓国は平昌五輪のメダルを捨てた」という話まで飛び交った。本紙はこれについてシーズ親子とメールで接触を試みたが、連絡がついていない。(中略)

 結果的には内紛が起きている中で事態を傍観していた大韓ボブスレー・スケルトン連盟の責任論が取りざたされている。平昌五輪で最もメダルが有力なボブスレー韓国代表チームの内部に亀裂が生じ、長期にわたって反目が続いていたのにもかかわらず、「外国人間の感情的な対立」と安易に対応したのだ。
(引用ここまで)

 タイトルを見たときには「ああ、はいはい。いつもの内紛ね」と思ったのですが、外国人コーチ同士の内紛でした。
 昨シーズン、いきなり韓国代表チームがワールドカップで好成績を出してきたのですよ。
 言ってしまえばボブスレーにはそれほど興味がないので、「まあ、なんか大きな変化があったんだろうなぁ」くらいにしか思っていなかったのですが、外国人コーチを招聘していたのですね。
 なるほど、世界最強クラスの装備担当技術者を招聘するとここまで変わるのか。
 代表監督はおそらく韓国人のままなのでしょうけども。

 スポーツの世界はよくも悪くも我が強い人間が多いので、こういう事態にはなりやすいのです。
 野球の話になりますが、メジャーリーグで分析担当をしているセイバーメトリシャンが一番苦労していることが自分たちの理論を監督に、そして選手にどうやって納得してもらうかという手段。
 守備シフトを敷けばアウトにできる確率が上昇する、ツーシームファストボールを投げてゴロを打たせればなおよい……といった数値は出せる。
 だけども、それをどのようにして監督、選手に理解してもらい、実践してもらえるようになるのか。
 GMやデータ分析担当がフィールドで野球をするわけではないですからね。
 人間同士のコミュニケーションをきっちりやるしかない。数字オタクのギークではどうにもならない部分なのです。

 まあ、大邱の世界陸上対策でジャマイカや日本からコーチを招聘しても「ロッカーの中身は全部捨ててくれ」と言い残して帰国させてしまう国、ですから。
 上意下達以外にコミュニケーション手段がないので、こういう結末になってしまうのでしょうね。

ピッツバーグ・パイレーツでは成績低迷でクビ寸前の監督が人徳者だったおかげ、という部分もあったとのこと。
ビッグデータ・ベースボール 20年連続負け越し球団ピッツバーグ・パイレーツを甦らせた数学の魔法 (角川書店単行本)
トラヴィス・ソーチック
KADOKAWA / 角川書店
2016/3/17