ソウル市長が保守系団体の無許可テントを告発、公平性に疑問の声(朝鮮日報)
 ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長は28日、自らのツイッターを通じ「ソウル広場の無断使用、ソウル図書館での騒音被害や図書館を利用する市民への迷惑行為、法律に基づいた公務の妨害などを理由に、パクサモ(朴大統領を愛する会)を含む団体や責任者などを告発する」と明らかにした。ソウル市はこの日、集会およびデモに関する法律違反、公務執行妨害、違法監視カメラの設置などで「弾劾棄却のための国民総決起運動本部(弾棄国)」の共同代表を務める男性ら7人を南大門警察署に告発した。ソウル市は告発の理由について▲ソウル広場を無断で占拠しソウル市が持つ広場管理の権限を侵害した▲ソウル図書館で騒ぎを起こし市民に害を及ぼした▲それによって行政の労力を浪費させた−などと説明している。

 弾棄国など保守系の団体は今年1月21日からソウル広場に無断で40張り以上のテントを設置し、ここに立て籠もりながら1カ月以上にわたり抗議行動を続けている。ソウル市は今後も新たな違法行為が見つかれば、証拠を確保した上で改めて告発することも検討している。

 しかしソウル市は光化門広場を無断で占拠し抗議行動を続けるセウォル号関連団体のテントについては告発せず、放置したままだ。そのため今回の告発には「公平性に問題がある」との指摘も上がっている。旅客船「セウォル号」沈没事故の真相解明を求める団体は、今なお光化門広場に70張り以上のテントを設置し、963日にわたり抗議行動を続けている。またその周辺には朴大統領の弾劾を求める一部団体もテントを設置しこれに加勢している。

 ソウル市の関係者は「光化門広場のセウォル号テントは単なる無断占拠だが、ソウル広場の弾劾反対テントは激しい混乱や対立をもたらしているため事情は違う」「光化門広場のテントについてもこれまで行政指導や費用の請求など必要な措置は行っており、またセウォル号関連団体などが問題を起こした場合は告発することも検討している」と説明した。
(引用ここまで)

 さっそくですが、勝者のおごりが出てきましたね。
 ソウル特別市の市長であるパク・ウォンスンは例の「女性国際戦犯法廷」に「検事」として出てきたほどのウルトラスーパーデラックス左翼。
 つまり、今回のチェ・スンシルによる国政介入事件における勝ち組となる左派のひとり。

 パクサモというのはパク・クネファンクラブというような意味です。ファン・ウソクがES細胞で不正研究が糾弾されていたときにもファンサモという組織が立ち上がっていましたね。
 ついでにいうと、この○○サモ(○○を愛する会)の元祖はノサモというノ・ムヒョンの支援組織。
 インターネットにおける非公認ファンクラブみたいなものだったのですが、やがてノ・ムヒョンを大統領に当選させてしまう原動力となったのでした。いまの韓国社会の混乱の大元と言っても過言でないかもしれないですね(笑)。

 閑話休題。
 パクサモは今回の国政介入事件では完全な負け組。
 これから弾劾が成立して、かつ大統領選挙でも保守派が完敗し、5年間、あるいはそれ以上の屈辱の時間を過ごすこととなるでしょう。保守派はもう二度と立ち上げれないほどに打ちのめされる可能性すらあります。
 そんな連中をさっそく勝ち組が排除しにきたのですよ。
 「おまえらはゴミだからゴミ箱に入れておくねwwww」ってなもんです。

 その一方でセウォル号遺族会は光化門広場を占拠し続けていてもなんの文句も言われない。
 セウォル号遺族会は究極の被害者であると共に、パク・クネを糾弾する手段としても使えるという超勝ち組なので、そこに居座る権利が生じたのです。
 小さな出来事に見えますが、今後の韓国社会がどうなるのかという縮図がここにあります。
 絶対にこれと同じようなことが多数起きますよ。

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)
ケント・ギルバート
講談社
2017/2/20