米アトランタ少女像、公民権センターへの建設中止……日本の横やりで決定(聯合ニュース)
米国ジョージア州アトランタ「平和の少女像」の建設計画が公民権センターの態度の変化に霧散した。
慰安婦像建設に乗り出した韓国人同胞たちは、日本政府の妨害工作が決定的であったと見て、他の場所探しに乗り出した。

アトランタ平和の少女像建立委員会(以下、建立委)は2日(現地時間)、アトランタ国立公民権・人権センター(National Center for Civil and Human Rights)から「先月に建設の締結をした契約は履行できなくなった」という内容を書面で受けたと述べた。
公民権・人権センターは契約不履行の理由として「本来の設計とは異なる造形物を公民権・人権センターの外部に設置することができないという方針がある」との定款を挙げた。

アトランタセンテニアルオリンピックパーク内のコカ・コーラ博物館近くにある公民権・人権センターは、1950〜60年代に南部地域を中心に起きた黒人公民権運動を記念する博物館として2014年に建てられた。
建立委は昨年9月に公民権・人権センターと初めての交渉を始め、12月には公民権・人権センター運営委員会から少女像建設について書面による許可を受けた。
以降、造形物を設置するための敷地をセンター外部に確定した後、建立委は去る8日少女像建設計画を発表した。
建立委は少女像造形物を購入し、公民権・人権センターを知らせるために数千ドルを投資したが、センターの約定破棄にすべての計画が水の泡になった。

キム・ベクギュ建立委員長は「公民権・人権センターが6ヶ月間の交渉の末、署名された契約を解除に至ったことに非常に失望した」とし「もしそのような方針がある場合は、公民権・人権センターは、私たちに事前に通知しなければならなかった」と悔しさを爆発させた。
建立委による少女像建設発表後、アトランタ日本総領事はアトランタ商工会議所、公民権・人権センター、アトランタ市庁舎を相次いで面談し少女像を建てる場合、日本企業がアトランタから撤退するとの政府レベルでの脅迫に入った。
建立委によると日本人も日本軍慰安婦の人権侵害の事実を否定する大量の電子メールを公民権・人権センター側に送ったと付け加えた。

結局、日本政府と民間の再三の圧力行使にアトランタ市と商工会議所、公民権・人権センターが屈服したものと建立委は推定している。
建立委のヘレンキム・ホ弁護士は「情報提供からわずか10日で少女像建設について妨害工作に接した」とし「諸般の事実に照らしてみると公民権・人権センターの約定破棄が既存の方針に沿ったものと信じられない」とし、「目に見えない手」の干渉の可能性を示唆した。

建立委は建設費用の用意も目標値にほぼ到達したとして、必ず別の場所に少女像を立てると明らかにした。
建立委は第2次世界大戦当時、人身売買と性的虐待を受けた女性の約20万人を称えて、このような勇敢な女性たちを記憶することで、今も広がる人身売買の問題を地域社会と世界に広く知らせようという趣旨で、平和の少女像と碑製作に乗り出した。
(引用ここまで)

 うむ、ガッツポーズを取らざるを得ない。

 アメリカのパセリーズで慰安婦碑放置
 ワシントンでは設置場所を決められず漂流
 ドイツはフライブルクで設置取り消し
 上海では撤去・移転の噂

 すべて慰安婦合意以降の出来事ですね。
 日韓双方の外相が合意を発表し、アメリカの国務長官が歓迎のコメントを即座に出す。
 政府レベルで解決したことが確認されて、アメリカ政府もそれを追認している。ヨーロッパでも何件か歓迎されていたと記憶しています。
 それに逆らって慰安婦像を設置するのか、ということが問われているのですよ。
 で、アトランタ側は日本の言い分に理があると判断したということでしょう。
 「日韓政府間で合意があったのであれば、それを尊重しよう」ということでしょうね。

 アトランタの日本領事館から実際に「日本企業が撤退するぞ」って話があったかどうかはともかく。
 少なくとも好んで投資されるような理由にはなりませんわな。同じ条件があったときに不利になるのは間違いない。
 こういった封じこめ効果があるということから、楽韓さんは合意直後に「外交得点として見たら合格点」と書いたのです。
 「韓国が蒸し返しても、国外への効果は継続するかなー」とうっすら思っていたのですが、思っていた以上に韓国以外の国への効果があるようです。
 ……まあ、国家間の約束事は一般的にはこうなるものですよね。
 韓国との交渉に慣れすぎると、どうも疑心暗鬼になりすぎる傾向があります(笑)。

慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界
杉田水脈
産経新聞出版
2017/3/1