慰安婦問題はブラックホール…韓国の「感情外交」(中央日報)
最近、日本で韓日関係は後回しにされている。昨年末、釜山(プサン)総領事館前の慰安婦少女像設置に対する対抗措置として長嶺安政駐韓日本大使を「一時帰国」させて以来、9日で2カ月となる。

しかし帰任させるという声は聞こえない。日本の知韓派グループの立場は良くない。駐韓日本大使の2カ月近い空席は前例がない異常な事態だ。にもかかわらず菅義偉官房長官は長嶺大使の帰任について「総合的に判断して決める」という言葉を繰り返している。日本の外務省・自民党の一部で憲法裁判所の大統領弾劾審判宣告前に大使を帰任させるべきだという声もあるというが、どうなるかは見守る必要がある。たとえ駐韓大使が帰任するとしても韓日関係がうまく解決するかは分からないと、外交消息筋は伝える。 (中略)

日本が韓日通貨スワップ協定の協議を一方的に中断したこともよく考えるべき対象だ。過去の問題を経済協力と連係させたことで、韓日間で守ってきた政経分離原則を崩した。現在の韓日間では、外交チャンネルのほかに問題を協議していくパイプが稼働しない。非常事態と変わらない。

日本が取った一連の強硬姿勢には韓国のリーダーシップ空白状況で圧力を加えようという策略が見える。次期政権まで狙った側面もある。日本国内の政治とも関係がある。安倍内閣は駐韓国大使の一時帰国など強硬措置を取った後、支持率が上がった。迅速な日米首脳会談を通じてトランプ政権と蜜月関係を実現し、自信が高まっている。韓国外交部が先月、少女像を「適切な場所に移す案について知恵を集める必要がある」という公文書を関連地方自治体に伝えるなどの努力を見せたが、安倍内閣は「不十分」と判断した。安倍内閣は韓国側が撤去につながる具体的な動きを見せるべきだと主張している。 (中略)

韓国は国政空白状況で決断もできず、適切な解決法も出せずにいる。李元徳(イ・ウォンドク)国民大教授は「慰安婦問題をめぐる感情の衝突はすべての対日外交イシューをブラックホールのように吸い込み、韓日外交の戦略的空間を深刻に縮小すると懸念される」と述べた。
(引用ここまで)

 おや、気がついてしまいましたか。
 日本における韓国のプレゼンスとか優先順位というものが下落の一途であることを。
 記事では「韓国のリーダーシップ空白状況で圧力を加えようという策略が見える。次期政権まで狙った側面もある」ってありますが。
 そのリーダーシップ空白を求めたのは韓国人自身ですしね。

 「皇帝」とまで揶揄される韓国の大統領制で、大統領がいなくなる期間が長くなるとどうなるのか、まったく考慮に入れずに弾劾を求めて成立させた。
 それを「我々は名誉革命を起こした!」とか陶酔してたでしょ。えーっと、世界4大革命でしたっけ?
 この外交停滞はそうやって韓国人自らが希求して手に入れたものなのですよ。

 日本が攻勢に出てもなんら対応できない。
 「自治体に手紙を出す」ていどでお茶を濁そうとしたら、あっさり「はい、却下」ってやられてしまう。
 「ねえ、いまどんな気分? 慰安婦問題でやりこめられてどんな気分?」(AA略)ってなところですかね。

 そもそもが「慰安婦問題で日本をやりこめよう」というやりかた事態が問題なのです。
 「日本を道徳的立場で崩壊させてやれ」というような観点で30年近く振り回してきた結果が、日本国民にあまねく広がった嫌韓感情
 国民の同意があれば、その付託を得た政府が外交政策はどこまででも突き進めるのは当然のこと。
 同じ方向性の未来を見ることができない相手なのだから、こういう扱いになるのは当たり前なのですけどね。
 政治空白も、いまの日韓関係も韓国人が望んだものなのですよ。

日韓 悲劇の深層 (祥伝社新書)
呉善花 / 西尾幹二
祥伝社
2015/12/15