「俳優カン・ドンウォンは親日派の子孫」 ネットで騒動に(朝鮮日報)
俳優カン・ドンウォン、“曽祖父の親日論争”2日ぶりに謝罪…事態収拾なるか(中央日報)
 先週末、俳優カン・ドンウォンさん(36)に突然「親日派騒動」が降ってわいた。

 騒動の発端は先月27日、ある映画サイトの掲示板に「親日派で独立運動家の子孫である芸能人」と題する書き込みが寄せられたことだ。カン・ドンウォンさんの母方の曽祖父、イ・ジョンマン氏(1885−1977)が、ある民間団体の作成した親日人名事典に親日派として載っているというのが根拠だった。

 カン・ドンウォンさんの所属事務所「YGエンターテインメント」は「内容の中に事実と異なる部分があり、個人会員の書き込みにメディアのロゴを勝手に使っていることなどが確認された」としてサイト側に削除を要請。これによって問題の書き込みは削除された。しかし、この書き込みがポータルサイトやブログなどで拡散されるのを阻止しようとYGが乗り出したことで、騒動が拡大。YG側は「名誉毀損を懸念し、規定に従って当事者(カン・ドンウォン)名義で削除要請書を発送した」との立場だが、芸能メディアは「母方の曽祖父が親日だったという経歴を隠そうとしているのか」などと書き立てた。

 イ・ジョンマン氏は日本による植民地時代に韓国の大同工業の社長を務め、日本軍に送る見舞い品の費用を複数回にわたり寄付したほか、親日団体に加入して幹部を務めたという経歴もある。しかしイ氏の娘(カン・ドンウォンさんの母方の祖母)は回顧録で、イ氏が大同工業専門学校などを設立して教育事業を手掛け、金鉱を売ったお金の3分の1を小作農のために使ったとして「親日人名事典の評価は公正ではない」と主張した。(中略)

ポータルサイトのニュースには、「生まれる前に亡くなった曽祖父のことで『親日派の子孫』などと責めるのはひどすぎる」などのコメントも寄せられている。
(引用ここまで)
カン・ドンウォンは「まず、曽祖父に関連して物議をかもした点、頭を下げて深く謝罪いたします」と明らかにした。続いて「幼い頃から私は外曽祖父の美談を聞いて育ってきました。祖母が独立有功者の子孫だったため、母方の曽祖父に対する美談を自然に受け入れてきたし、2007年のインタビュー当時にはその方の誤った行動を正確に認知しておりませんでした」とし、問題の中心となっているインタビューに言及した。

また、「俳優である前に、大韓民国国民の一人として誤った歴史を正さなければならず、再びこのような恥ずかしいことが繰り返されてはいけないと考えてきました。そのため、今回のことを心から恥ずかしく思っています。過去のことを正確に認知していなかった点、未熟な対応で物議をかもしてしまった点、すぐに私自身の立場をお伝えすることができなかった点、すべて私の誤りだったと痛感しています」と付け加えた。
(引用ここまで)

 このなんとかという俳優の人の曾祖父が「大同工業の社長だった」「日本軍に対して数度の寄付を行った」「親日団体に所属して幹部であった」ということから、チニルパではないかと韓国のサイトで取り上げられていると。
 でもって所属事務所はその噂になった大元の書き込みを削除依頼したところ「消したら増える」の法則通りに韓国のインターネットでニュースになって拡散してしまった……と。

 経歴から見たら立派な親日派(=チニルパ)ではないですか。
 「大同工業」という現存している韓国の農耕具のメーカーがあるのですが、それと関係あるんでしょうかね。
 ま、とりあえずこのカン・ドンウォンという人の曾祖父はその社長である地位を悪用して日本軍に対して利益供与を行ったわけですから。
 誰がどう見ても立派なチニルパです。

 擁護コメントに「生まれる前に亡くなった曾祖父のことで『親日派の子孫』などと責めるのはひどすぎる」ってありますが。
 それが通用する社会かどうか、これまでの韓国を見てみれば分かるんじゃないでしょうかね。

 その一方で中央日報の記事はこの騒動に対して、カン・ドンウォンという人が謝罪したという記事。
 いまだにこんな風にしてチニルパの子孫は韓国社会に向けて土下座しなくてはいけないのですよ。
 チニルパの子孫ということだけで社会が許さない。これからも彼はなにかある都度に「これだからチニルパは」と言われるようになるでしょうね。
 成功したら「チニルパが不正な手段で財産を貯めこんでいたから」といわれ、失敗したら「ざまあみろ、チニルパが」と蔑まれる。
 そりゃ慰安婦像が不法であっても国民感情が優先して設置を許すし、撤去したら役所がパンクするほどの嫌がらせの電話が来る。

 日本人は韓国社会がこういうものであるという前提で対応をする必要があるのですよ。
 「話せば分かる」なんてことはないのです。

「反日韓国」の自壊が始まった
呉善花
悟空出版
2014/11/13