昨日から探していたのですが、ようやく動画がありました。
 こちらをどうぞ。


 シチュエーションは7回表。ツーアウトランナー満塁。
 バッターはイスラエル代表のブレイク・ガイレン。3Aまで行ったことはあるものの、メインキャリアは独立リーグ。現在は浪人中っぽいのかな。[en:Wikipedia]
 カウント3-1からイ・ヒョンスの投げたボールは低めに外れたストレート。ガイレンもバットを投げ、レガースを外して一塁に歩く気満々。
 もはや主審のほうすら見ていません。
 押し出しで一点追加で勝ち越しと思いきや、判定はストライク。

 ……明白に膝の下。
 その後、ガイレンはショートライナーで韓国代表は危機から救われました。ショートがセカンド寄りに守っていたシフトでしたね。
 その後、昨日伝えたように延長10回に勝ち越されて負け。3番、4番のキム・テギュン、イ・デホがノーヒットじゃそうなりますわな。
 現在試合中の台湾−イスラエル戦は8回裏終了で12-3。イスラエルがコールドゲーム寸前。まあ、さすがにここから逆転は難しいかな。台湾は代表選出でいろいろ内紛もあった模様。
 なお、イスラエルが勝った場合、韓国はオランダに負けるとほぼ敗退決定です。プレーオフの可能性はまだなくはないけど……。

 しかし、ホームタウンディシジョンとはいえ、これはないなぁ。

ビッグデータ・ベースボール 20年連続負け越し球団ピッツバーグ・パイレーツを甦らせた数学の魔法 (角川書店単行本)
トラヴィス・ソーチック
KADOKAWA / 角川書店
2016/3/17