釜山の日本総領事館前に強制徴用労働者像 韓国団体が設置検討(聯合ニュース)
 全国民主労働組合総連盟(民主労総)の釜山地域本部が7日、労働者像の設置運動を始めることを明らかにした。

 労働組合の二大全国組織である民主労総と韓国労働組合総連盟(韓国労総)は、植民地時代に日本に強制徴用され犠牲になった労働者が少なくとも70万人に上るとし、今年からこの事実を広く知らせ、日本政府に謝罪と賠償を求める運動を展開している。各地の象徴的な場所に犠牲者を記憶し悼むための労働者像を設置しようと動き出した。

 釜山では、日本政府に圧力をかけるには日本総領事館前が設置に適していると判断した。
(引用ここまで)

 先日、ソウルの竜山駅前に設置をしようとしたところ、「国有地への設置はまかりならん」と宣告された「強制徴用労働者像」を釜山の日本総領事館前に設置しようとしているそうです。
 例のゴミ闘争がされている場所ですね。
 地下鉄出口があるほう(慰安婦像があるほう)は大通り沿いで、領事館の出入り口ではないのです。
 領事館出入り口は細い路地側にあって、そもそも設置スペース自体がない。
 目立つためには大通り側に設置する必要があると思うのですが、エレベーターの向こう側に立たせるつもりかなぁ。

 実際に行ってみたからこそ書けることですね。

 しかし、国有地への設置を断られたときに「外国公館でもない駅前広場が不適切だとはなにごとだ」ってコメントを出していたのですが、その外国公館に設置しようとするとは。
 正直、それはそれで面白い事態になりそうなのでちょっとワクテカ感を隠せないのですが。
 民主労総対釜山キョレハナの闘争とかちょっと見てみたいですけどね。韓国ウォッチャーにとっては夢の対決です(笑)。
 さらにそこにゴミ闘争のパクサモが加わって「三大怪獣 南海の大決闘」みたいな騒ぎにならないかと。
 若干不謹慎ですが、もうありとあらゆる像を集めて30cm毎に設置するとかやったらいいんじゃないですかね。

(南島アート)XBX-ART DIY カスタム 晴雨兼用雨傘 男性女性 通勤 折りたたみ傘 個性デザイン山本勘助 左三つ巴 和柄 三つ折り畳み傘 UVカット 耐風 8本骨 金属製フレーム 軽量 可愛い [並行輸入品]
南島アート
2016/09/26