オランダがサヨナラ勝ち…韓国&台湾は1次リーグ敗退(サンスポ)

 基本的に「台湾がんばれ!」って思っていても、心のどこかで「韓国が2Rにくるとうざいからオランダの勝利でもいいか」と思っていたのですよ。
 正直、今回の台湾代表がオランダに勝てるとも思っていなかったので。 
 台湾が大善戦というか、勝てる線があった試合でしたね。残念。

 これで韓国と台湾のアジア代表がファーストラウンドで敗退。中国は最初から無理として、セカンドラウンドに進めるのは日本だけとなってしまいましたね。

 ところで明日、台湾−韓国戦が行われますが、これはそこそこ大事な試合なのです。
 というのも1Rで4位になった国は予選から出場しなくてはならないのですね。次回のWBCが今回のそれと同じ方式で行われるとしたら、2月の頭から予選をこなさなくてはならないのです。
 今回はオーストラリア、メキシコ、コロンビア、イスラエルが予選を勝ち抜いて1Rに進出してきたわけですが、台湾か韓国のどちらかがそうして予選出場をしなければならないのですね。
 2013年は台湾がそこから2Rまで勝ち上がったのですけども。

 予選組に回ったほうが、チーム力が上がるかもしれませんよ。
 優勝アドバンテージがなかった2007年のクライマックスシリーズはセが2位だった中日が優勝して、パもロッテが2勝ときわどいところまで迫っていました。日本シリーズも中日が優勝してましたね。
 特に代表チームにとって試合をこなすのは連携等でも悪い面ばかりではありません。

 ……ま、予選組に回る韓国代表が見たいというだけなのですが(笑)。 

2013年のダブルスチールの真実とは?
WBC 侍ジャパンの死角 (角川書店単行本)
高代 延博
KADOKAWA / 角川書店
2013/8/15