パク大統領弾劾 岸田外相「新政権とも協力」(NHK)
官房長官 韓国新政権も日韓合意実施を(NHK)
自民・二階俊博幹事長 慰安婦日韓合意「日本から希望的観測を言うと、逆にくる恐れ ここはいわない方がいい」(産経新聞)
与野党から政治空白や日韓合意順守に懸念(産経新聞)

 韓国でプチ暴動が起きるのはまったくもって想定内の出来事なので、ここでは日本政府側のリアクションを集めてみました。
 主として慰安婦合意についてのコメントです。

・菅官房長官「今後、現政権や大統領選後の新政権との間でも慰安婦問題をめぐる日韓合意を着実に実施するとともに、北朝鮮政策や安全保障分野における日韓の協力をさらに進めていきたい」
(慰安婦合意の再交渉について問われ)「お互いに合意したわけなので、責任をもって実行に移すことが極めて重要だ」

・岸田外相「韓国は、わが国と戦略的利益を共有する大切な隣国だ」
(慰安婦合意について)「両国の政府が、引き続き、誠実に履行すべく努力していかなければならない課題だ。わが国はもちろんだが、韓国にも誠実な履行をこれからも求めていきたい」(NHK)

・稲田防衛相「ようやく去年、非常に懸案であったGSOMIA=安全保障上の機密情報を共有・保護するための協定が締結されたこともあり、しっかりとこの関係を続け、同時に韓国国内の動向も注視していきたい」(NHK)

・額賀日韓議員連盟会長「「慰安婦問題をめぐる日韓合意ができて、両国が新しい未来に向かっていこうとする矢先だっただけに残念な思いだ。次期大統領選挙では、日本をめぐる姿勢で感情的になったり、過剰な反応が起こったりすることがないように望みたい」
(慰安婦像について)「韓国政府は『対応する』と明言しているわけで、もう一段、努力してほしい。『よくやってくれている』と日本人にもわかるようにしてもらいたい」(NHK)

・二階幹事長(慰安婦合意について)「どういう結果・方向をたどるかは進んでみないと分からない。日本から希望的観測で何かいうと、その逆にくる恐れさえあるのだから、ここはものをいわない方がいい」(産経新聞) 

・茂木政調会長「国際的な合意は当然引き継がれていくのが慣行だ」(産経新聞)

・細野民進党代表代行(慰安婦合意について)「順守するのは当然、韓国政府の責任だ」(産経新聞)

 蓮舫民進党代表からのコメントを探したのですが、少なくともいま現在はないようです。

 他国の政権に関してのことということもあって、ほぼ抑制されたコメントに終始しているといったところですかね。
 その中で二階氏の「日本からなにか言うと、その逆をついてくることもある(からなにも言わないほうがいい)」というコメントはちょっと光っています。
 よくも悪くも韓国とのつきあいが長く深い人物だからこそ出せるコメントではないでしょうか。

 さて、現在のところ次期大統領の最有力候補とされているムン・ジェインは慰安婦合意、THAAD配備、日韓GSOMIAのすべてについて反対しています
 THAADについてだけは「次政権で合理的な判断を下すべき」という若干トーンの落ちた話にはなっていますけども。
 まあ、「当選したらアメリカよりも先に北朝鮮に向かう」と宣言していることもあって、反米反日親北の人物であるのは間違いないところ。
 なにしろあのノ・ムヒョンの系譜を継ぐ男ですからね。

 ただ、選挙前に日本から「あいつはなー」みたいな話をするわけにもいかない。
 とりあえずは静観の構えだけども、実際には準備をしている……といったところでしょうね。国会での弾劾成立からこっちの100日間、けっこう時間はありました。大統領選は5/9との話なのでさらに2ヶ月以上の時間があります。対策も充分にできているでしょう。
 釜山の慰安婦像設置に対する強硬措置にはその面も多分にあるでしょうしね。

 そうそう、パク・クネは父親の朴正熙以来、はじめて来日しなかった(できなかった)韓国の大統領となりましたね。
 ノ・ムヒョンですら来日していたのですが(笑)。

SAPIO (サピオ) 2017年 4月号 [雑誌]
SAPIO編集部
小学館
2017/3/4