「国産パワーパック」K2戦車、最初の量産品ですでに欠陥...生産プロセス中断(聯合ニュース・朝鮮語)
国内技術で開発したK2(黒豹)戦車の国産パワーパック(エンジンと変速機)で欠陥が発見され、本格的な生産のための手続きが中断された。

防衛事業庁は17日、「K2戦車2次量産のための国防技術品質院の最初の製品検査中、国産パワーパックで、いくつかの欠陥が発見された」と明らかにした。
防衛事業庁は、「パワーパックに装着されたドイツのメーカー ZF社の一部のコンポーネントに欠陥が発生して品質検査を中断している」と説明した。
問題の部品は、パワーパックに入ったボルトで、ひびが入る現象を見せたことが分かった。このため、パワーパックの正常な動作に必要な圧力が低下したというのが防衛事業庁側の説明である。

問題を起こしたK2戦車は国産パワーパックを装着した2次量産分の最初の製品である。
軍当局は、K2戦車1次量産では、核心部品であるパワーパックをドイツ産としたが、2次量産では、国産パワーパックを装着することにした。
国産パワーパックを装着したK2戦車は試験評価で時速32劼泙撚誕するのにかかる時間が作戦要求性能( ROC)の8秒を達成できず、陸軍が ROCを9秒に変更するなど紆余曲折を経た。

K2戦車開発メーカーである現代ロテムは2014年末防衛事業庁と9000億ウォン規模の契約を締結してK2戦車2次量産に入った。
防衛事業庁の関係者は、「国産パワーパックを装着したK2戦車は戦闘用適合判定を受けた状態であるため、品質保証のプロセスと見れば良い」とし「再発防止のための様々な方策を検討中」だ」と語った。
(引用ここまで)

 お笑い韓国軍、空にKF-X、海に統営艦、そして地にはK2戦車あり。
 というわけで、今日はK2戦車のお通りです。
 あたかも「ドイツメーカーZFのボルトがまずいのだ」みたいな記事構成になっていますが。
 違うでしょ。
 ここでいうZFがあのギアボックスとか作ってるZF社だったら、要求された耐久力が充分にある製品となっているはずです。

 ここで考えられるのは韓国製パワーパックの振動が想定よりも大きくて、応力が考えていたよりも大きかったためにひびが入ったということです。
 というか、それ以外にボルトにひびが入るケースって考えられないしな……。
 あと考えられるとしたら、耐久度が低い製品を購入して使っているということくらいですかね。この場合の差額はもちろん、ポッケナイナイ。

 ちなみにこの記事では1次生産(ユーロパワーパック装着)の100両、2次量産の100両までしか言及されていないのですが、すでに3次量産の100両も決定されています
 というわけでパワーパック製造元の斗山は200台強を製造することになっているのですが……。
 去年の10月の時点でパワーパックがどうにもならない状況だという話でしたね。

 そもそも、K-2は700両以上製造される予定だったのが、当初は200両で製造終了の予定となっていました。前述のように100両が追加されて300両で生産終了の予定となっています。
 どうも公にされていない欠点があるのではないかなーと思われるのです。

 韓国ではいまだにM48A3、M48A5のパットン戦車が現役なのです。その数、500両とも700両とも。
 これらをすべてK-2で置き換える予定だったのですが、とりあえず300両の生産でM48A3には退役してもらおうということになったようです。
 M48A5はまだ当分現役のまま。70年代製造ですよ……。
 当初は700両の生産を予定していた戦車を200両で製造終了にしようとしていたところから見ても、戦力化に根本的な問題があったのではないかと。
 レールガン搭載の未来戦車K-3のリークが異常に速かったのも、そのあたりに理由があるんじゃないかなーと思っているのですけどね。

世界の戦車完全図鑑650 (コスミックムック) 鮎川置太郎 / 後藤仁 / 谷井成章 / 毒島刀也