デンマーク検察、チョン・ユラを韓国への送還決定……チョン・ユラ側「最高裁判所まで訴訟」(ソウル経済新聞・朝鮮語)
デンマーク検察がチョン・ユラ氏を韓国に送還することを決定した中でチョン氏の弁護士は、これを不服として裁判所に訴訟を提起すると明らかにした。

デンマーク検察は17日(現地時間)、「韓国検察で処罰受けるためにチョン氏を送還することを最終決定した」と明らかにした。
チョン氏は去る1月、デンマークオールボーから地元警察に逮捕され、後にデンマーク検察は、韓国側の要求に応じて送還するかどうかを検討してきた。モハマド・サン デンマーク検察庁次長検事は「韓国のチョンさん送還要求に対して徹底的に検討した結果、すべての要件がデンマークの送還法に準拠すると判断した」と述べた。

この日チョン氏の弁護を引き受けたピーター・マーティンブルリンケンベル弁護士は「今回の決定は、非常に政治的だと信じている」とし「韓国検察がチョン氏を通じて母親(チェスンシル)を圧迫しようとする懸念を持っている」と述べた。
続いて彼は「検察の送還決定に対して異議を申し立てをするということは、以前から決定していた」とし「私たちは、まず地方裁判所に訴訟を提起し、続けて高裁に行くだろう、可能であれば、最終的には最高裁判所まで行くだろう」と付け加えた。

ブルリンケンベル弁護士はいつ異議を提起するか、特定の日付を明らかにしなかった。チョン氏側は、今月21日までに裁判所に送還拒否訴訟を起こすことができる。
(引用ここまで)

 チェ・スンシルの娘であり、韓国の若年層にとってはスプーン階級論の象徴として憎悪の対象となっていたと言っても過言ではないチョン・ユラ。
 韓国で21世紀中は語り継がれるであろう名言、「親の金も実力のうちだ」を生み出した人物としても知られていますね。
 そのチョン・ユラ、海外逃亡していて20歳にしてすでに結婚、出産、離婚を経験しているそうです。

 今回、デンマーク検察から送還決定を知らされても、最高裁まで徹底的に粘るという宣言をしているのは息子がいるからでもあるとのこと。
 以前から韓国には帰らないと宣言してましたけどね。
 海外には1兆円ともされるチェ・スンシルの財産もありますし、なにより韓国に帰れば地獄が待っているのは間違いない。
 チェ・スンシルやパク・クネがどう扱われているか知っているでしょうから、最大限の抵抗をするでしょうよ。
 それよりなにより嘲笑の対象となるのが辛いでしょうね。「ダイヤモンドの匙」を持っていて受験でも学内でも他人を見下していたはずが、いまや韓国における最下級の人間ですから。

 ユ・ビョンオン(もはや懐かしいな。セウォル号の実質的オーナーです)の長女は3年前にフランスで逮捕されたのですが、いまだに韓国に送還されていません。
 最終的には政治難民の申請まであるのではないかとの話もあります。
 チュ・シンスではないですが「韓国に帰ったらなにもかも終わり」ですからね……。

この1冊で韓国問題丸わかり!Part.2―――やっぱりこの国はホントにおかしい【歴史通増刊】
ワック編集部
ワック
2016/11/4