韓国最高層ロッテタワー展望台、エレベーター事故で開業延期(朝鮮日報)
 韓国最高層のロッテワールドタワー(123階建て、555メートル)の展望台「ソウルスカイ」行きの専用エレベーターが19日、突然停止する事故が発生し、ロッテ側は今月22日に予定していた展望台の正式オープンを延期することを決めた。

 ロッテワールドによると、19日午後5時15分ごろ、ロッテワールドタワーの展望台に向かう専用エレベーター「スカイシャトル」が出発地点の地下1階と2階で25分にわたり停止した。

 事故当時、エレベーターには39人が乗っていた。乗客は、オープン前の招待イベントに参加した役員・社員の家族らで、事故の一報を受けて駆け付けた施設管理職員によって5時40分ごろ救助された。

 ロッテワールドは現在、エレベーターが停止した正確な経緯を調査するとともに、試運転と安定化作業を行っている。

 ロッテワールドとロッテ物産の関係者は「スカイシャトルは出発地点の地下1階・2階で停止した状態で、出発できずに止まっていた。エレベーターには合わせて39人が乗っており、全員無事に救助された」と説明した。

 ロッテ―ワールド側は今回の事故の原因について「安全装置の誤作動」であることを確認しており、誤作動の原因を分析している。
(引用ここまで)

image
 この事故を受けて再点検するとのことで、明日に予定されていたグランドオープンを4月3日に延長したそうですね。
 タワーリングインフェルノでエレベーターがちょっと止まるというようなシーンがあったような……。
 無事を祈ります。

 あとはこれといって感想もなにもないのですが、1月に行ったときに気がついたことでも書きましょうかね。
 上の画像は1月に行ったときのもの。もちろんまだオープンはしていない状態。
 ライトアップ等の外装はすべて完成していましたが、内装工事用と思われるトラックとかが乗り付けていました。
 選考オープンしていた低層階には例のショッピングセンターがありまして。
 ひとつはファミリー層でも気軽に行けるショッピングモール。例の騒ぎがいろいろあったところです。
 もうひとつのAvenuelというほうはラグジュアリーな高級感のあるところなのです。

 ここでインド料理を食べてました。

image
image

 ターメリックライスがおそらくターメリックの入れすぎで薬臭いくらいで、水準は20年前の日本と同レベルってとこかな。そんなに悪くはない。
 ラグジュアリー云々といっても、けっきょくはショッピングモールですから大したものでもないのですけどね。

 んで、そのAvenuelの1階でちょっと気になったことがあるのですよ。
 入り口の扉がスイング式の両開きなのです。自動扉とかではなく。
 これを誰も彼もが全開させる。そこまではいいのですが、その勢いのまま振り子のように戻って逆に開くのです。
 日本であれば元の位置に近づいた時点で制動が効いて動きが穏やかになるとか、そういう仕掛けがあると思うのですが。
 全力で開いたら、そのままの反動で逆側に開くという扉でした。それを誰も彼もがばんばん開く。
 あれ、そのうち大きな事故になるんじゃないかと思います。骨折くらいあってもなんの不思議もないのではないかと。……説明が難しい。動画撮っておけばよかったなー。

 こんなところにも安全係数の低さがあるのだな、と思った次第。
 コーヒーのトラベラーリットのセンタリングができていないあたりから、そういう部分ははじまっているように感じたのですけどね。

[まとめ買い] ロッテのおもちゃ!(電撃コミックス)
葉賀ゆい
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス