おっと、なんと韓国代表がこれまで2引分のみで勝ち点2だった中国に負けました。
 これで韓国の勝ち点は10のまま。
 シリア−ウズベク戦の試合結果によっては3位転落もありえます……と思ってたらウズベキスタンがPK献上で負けました。ウズベクは毎度毎度堪え性がないなぁ……。

 これでシリアが勝ち点8、ウズベキスタンが勝ち点9、韓国が勝ち点10と一応、2位はキープ。
 シリアはホームで韓国と引き分けた試合が効いてますね。

 いやぁ、それにしてもアウェイとはいえ中国に負けるとは……。中国のゴールキーパーがきれっきれだったのですが、それを差し引いても韓国には攻め手がなかったように見えました。
 韓国ではこれまで「中国は恐韓症にかかっている」とか言っていて、実際に最後に勝利したのは2010年の日本開催だった東アジアカップにまで遡ります。3-0での負けだったかな。
 このときの韓国代表はKリーグの選手をメインにしていたので、それほどのダメージはなかったのですが。
 今回はワールドカップ予選なのでほぼフルメンバーでの敗退。
 28日は自力で突破も見えてきて士気が上がるであろうシリアとの試合。ホームとはいえ、油断できなくなっていますね。
 韓国メディアは「A組なら楽々突破だ」みたいに書いてましたけど、ふたを開けたらこう。
 アジアは全体的に底上げされてきている、ということなのでしょう。
 おっと、さらにイラク−オーストラリアが引き分け。これで日本代表はちょっと楽になったかな。

ワールドカップがもっと楽しめるサッカー中継の舞台裏 (角川SSC新書)
村社 淳
KADOKAWA / 角川マガジンズ
2014/6/13