韓国大統領選支持率 文在寅氏が34%で首位=安熙正氏17%(聯合ニュース)
韓国世論調査会社のリアルメーターが27日発表した次期大統領選有力候補の支持率調査結果で、進歩(革新)系最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表が34.4%と、12週連続で首位を維持した。2位の2倍以上の支持を集めている。

 文氏の支持率は前週から2.2ポイント下落した。党内の候補者間のネガティブキャンペーンが激化した結果、小幅下落したとリアルメーターは分析した。 

 2位は共に民主党所属の安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事で、17.1%と前週から1.5ポイント上がった。第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)前代表が0.6ポイント上昇の12.6%、共に民主党所属の李在明(イ・ジェミョン)城南市長が0.6ポイント下落の10.2%と続いた。朴政権の与党だった保守系「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)慶尚南道知事は0.3ポイント下落の9.5%だった。

 政党支持率は、共に民主党が50.4%でトップ。4週連続で上昇し、前週に引き続き50%を上回った。次いで、国民の党と自由韓国党が13.7%で並んだ。それぞれ前週より1.7%、2.1%上昇した。
(引用ここまで)

 ちょっとこれから支持率の発表がある度にメモ的に扱っていこうかな、ということもあってチェック。
 2位のアン・ヒジョンに対してダブルスコア。
 しかも、そのアン・ヒジョンも共に民主党所属なので、実際の大統領選挙ではライバルにはなりえない(党内予備選で落選するので)。
 いまのところ、盤石に見えますね。
 というわけで以前にも書いていた「ムン・ジェインが大統領になった韓国の姿」を予測していこうかなということで支持率掲載の度にちょこちょこ書いていきましょう。

 今日は経済政策について。
 昨日エントリを書いた大宇造船海洋の支援策について、ムン・ジェインは大賛成。
 「造船業は再び韓国経済の孝行息子になるだろう」というようなコメントを発しています。

「底の抜けた瓶」大宇造船にまた5兆8000億ウォン支援

 企業の存続=雇用を守るという図式ですかね。
 財閥を批判してきたこれまでの経緯とはちょっと方向性が異なるな、という気もしないではないのですが。

 ムン・ジェインはようやく大統領選挙に出馬表明したのですが(ええ、いまさら)。
 それ以前から財閥批判を繰り広げていたのですよ。

韓経:【社説】財閥改革で経済を亡ぼした3流政治の責任を免れることができるか=韓国(韓国経済新聞)

 この1月にあった記事にも書かれているように、「4大財閥の集中改革」「政経癒着の改革」を次政権の大きな旗印として掲げているのですね。
 チェ・スンシルとサムスン電子が贈収賄の関係にあったとされていることからこれ幸いとばかりに。

 すでにそのための人材をブレインとして集めています。
 サムスン電子を延々と批判してきたキム・サンジョ教授という人物がその筆頭とされています。
 これがどんな人物かというと……「絶対財閥殺すマン」です。
 ブレインっていっても対日政策のそれがホカサ・ユウジ教授であることからその陳腐さは推して知るべしですが。

 実はまだ経済政策というのは全然見えてこないのです。
 これまで言及があったのは徳政令と上限金利制限くらいなものです。
 あとは雇用を公務員増員によって増やす、という話はしているか。
 でもまぁ、見えてくるのはこれまで甘やかし続けてきた財閥に対して、これからは厳しく行くので覚悟しろって話ですかね。

 韓国の法人税率は地方税も合わせると24.2%とけっこうな高額。
 であるにも関わらず、財閥に対してはさまざまな特例で実効税率はその半分にしているという優遇具合。
 電力に関しても大企業に対しては原価割れで供給しているなんて話もありましたね。
 これらの優遇措置をやめる可能性が高い。
 なにしろ財閥絶対殺すマンがブレインですからね……。

 これまでの韓国の経済成長というものはいい意味でも悪い意味でも財閥偏重で行われてきました。
 財閥がなければ韓国もない、というが実際。
 そのためのさまざまな特例だったわけですが、それを「すごい民主主義」の民意によってすべて消し去ろうとしている。
 それによって「すべての韓国人が等しく豊かになる未来」を手に入れようとしているのだそうですよ。

 まあ、それが韓国人の民意であるというのであれば、尊重すべき……なのでしょうね(笑)。

ソ連史
松戸清裕
筑摩書房
2011/12/10