ソメイヨシノ100年の論争「済州が本物の起源」(聯合ニュース・朝鮮語)
世界で唯一のソメイヨシノ自生地済州。

学界の遺伝子分析と相次いで発見された自生ソメイヨシノの存在だけで100年以上続いたの起源論争を鎮めるのに十分である。

昨年5月に済州山間で最高齢自生ソメイヨシノが発見されて話題になった。

海抜607mの済州市奉蓋洞のオルム南東斜面で樹齢265年されたソメイヨシノが発見されたものである。

木の高さは15.5m、根元周囲には4.49mにもなり、これまでに知られているソメイヨシノの中で最大の大きさだ。この木の年齢は木片を抽出・分析し推定した。

これまで知られている最大かつ最古のソメイヨシノは天然記念物159号奉蓋洞ソメイヨシノ自生地の3本のうち一本だ。この木は、高さ15m、根元周囲3.4m、樹冠幅15m、推定樹齢200年である。

最高齢ソメイヨシノの発見は、桜をめぐる韓・中・日の起源論争で、済州島が唯一のソメイヨシノの自生地であることをもう一度確固な快挙であった。
(引用ここまで)

 うちの近所のソメイヨシノも何輪か咲き始めました。
 というわけで韓国メディアでソメイヨシノで検索したところ、最新作がありました。

oldest_wanbonam

 画像は聯合ニュースから。
 弘前城に明確に記録に残っているもっとも古いソメイヨシノの樹があるのですが、それが樹齢135年。
 「弘前城 最古 ソメイヨシノ」あたりで検索すると出てくるのですが、樹勢が明らかに違うのですよ。

oldest_someiyoshino

 これは去年の楽韓Web 「ソメイヨシノの自生地」レポートでも書いたことなのですが、ソメイヨシノはすべてがクローンであることもあっておおよその樹勢は同じものです。
 でも、どう見ても観音寺の「自生地のソメイヨシノ」とやらは違うのですよね。
 しかもだいぶ貧弱。幹も割れちゃってる。

 去年発見されたとかいう「最古のソメイヨシノ」もなんというか……風格がありますが、ソメイヨシノとは違うかな、といったところ。
 韓国人はこの「樹齢265年の最古のソメイヨシノ」を証拠として掲げるのでしょうが、それはエイシュウザクラであって、ソメイヨシノではない……という話を理解できないのでしょう。
 というか理解したがらないと言うべきか。

 学術的にはすでに解決済みの案件なのですが、そのエントリで「それでも『ソメイヨシノの自生地は済州島』という都市伝説は終わらずに語り継がれるであろう」という話をしました。
 その通りになりましたね。

堂本剛はすごいボーカリストやで……。
ソメイヨシノ (通常盤)
ENDLICHERI☆ENDLICHERI
ジャニーズ・エンタテイメント
2006/2/1