小沢一郎氏「安倍首相、駐韓国大使の召還はあり得ない…歴史問題に誠意を見せるべき」(中央日報)
申所長=北朝鮮の核など緊急状況に対処するうえで周辺国間の協力は非常に重要だが、現在の韓日中関係は非常に良くないうえ、米中関係も安定していない。特にこの4年間、韓日関係は旧日本軍慰安婦被害者問題でずっと悪化している。韓日関係を回復軌道に乗せる方法は。

小沢代表=少し単純というか、とんでもないというか、安倍政権は駐韓日本大使を召還してしまった。あり得ないことだ。そして現在、対話のきっかけがない。慰安婦問題だけではない。日本の強制併合は近い歴史だ。多くの人々に傷を残した。言葉だけの謝罪ではなく、日本国と国民の誠意を見せるべきだ。日本が先に動く問題ということだ。そして韓国がこれを受け入れれば、歴史的な確執は捨てなければいけない。未来のために協力する方向に進むべきだ。日本が教科書に歴史的事実をまともに記述しないという質問を今日の講義の時に聞いたが、韓国の教科書に日本について記述した内容も(韓国国民が)見ればよい。私は家で韓国ドラマを毎日見るが、韓国では日本のドラマを放送してはいけない雰囲気があるようだ。日本は韓国に誠意を見せるべきであり、この時、韓国もこれを受け入れることを望む。 (中略)

申所長=日本の「普通の国」化がかなり進展している。安倍首相の任期中に平和憲法の改正が可能だと思うか。

小沢代表=安倍首相の手で憲法を改正することはないだろう。安倍首相は普通の国を目指すというが、目指しているのは普通の国ではない。やや時代錯誤的なおかしな国でないかと思う。日本国民は行動に消極的だ。世論調査をしてみると安倍政権を支持するという結果が出るが、基本政策にはみんな反対する。野党が自民党に代わるほどの勢力にならず、特に考えもなく「安倍首相を支持するといっておこう」という形のようだ。普通の議会民主主義国家に日本を戻さなければいけない。なんとか次の総選挙で変えたい。 (中略)

−−朴槿恵大統領の状況と似ているというが、退陣につながれると見るのか。

「野党さえしっかりしていれば安倍首相を退陣に追い込むことができると考える」

−−安倍首相の支持率はそれでも62%(27日付の読売新聞)と高く、野党の支持率は非常に低い。可能なことなのか。

「支持率とは関係がない。日本の人々のややおかしな点ではあるが、安倍首相の支持率が高いとはいえ、安倍政権の基本政策に国民は反対している。首相の支持率は野党がきちんと統一できていないからだ。野党間の協力体制ができれば、支持率とは関係なく選挙では必ず野党が勝つだろう。協力のために努力している」
(引用ここまで)
 小沢一郎が韓国で講演を行い、かつ前駐日韓国大使だったシン・ガクスと対談ですって。

 なんというか「終わった政治家」ですね……。
 韓国では鳩山由紀夫氏と同様、まだまだ需要があるのかもしれませんが。

 「韓国に誠意を見せなければならない。そして韓国はその誠意を受け入れるべきだ」というような話をしていますが、日本人が30年かけて学んできた「韓国は日本がなにをしようと、なにを言おうとも受け入れない」という原則をいまだに理解していない。
 いまだに「話せば分かる」のレベルで停止している。
 時代が彼を軽やかに追い抜いていった……ってところでしょうか。生活の党(現自由党)が見る影もなく落ちぶれて、その支持者が「不正選挙が行われた!!」って大騒ぎするくらいに議席を減らしまたよね。
 あれはこんな人物に政権をまかせるのは無理だと判断されたということなのですよ。

 外交が異様なまでに中韓に偏っていて、しかもその両方の靴を舐めるっていう方針なのですよね。
 豪腕政治家と言われていたのは旧世紀の話。
 政党助成金目当てに山本太郎を引きこもうとするレベルの人物に成り下がったわけです。

 森友学園問題がパク・クネの国政介入事件と同義だって話もしているのですが、ここまでセンスがなくなっちゃったというか、野党はもうそこを一点突破するしかなくなってしまったのですかねぇ……。
 そこまで無能さをさらけ出さなくてもいいと思うのですが。

無能なナナ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
るーすぼーい / 古屋庵
スクウェア・エニックス
2017/2/22