【社説】韓国のスポーツ選抜廃止、まずは延世大・高麗大から(朝鮮日報)
 韓国で「体育特技生」と呼ばれるスポーツ特待生が100人以上在籍する全国の17大学に対し、教育部(省に相当)が先日監査を行ったところ、全ての大学で不正が行われていることが分かった。一般的にどの大学でも学生が通常3回以上の警告を受ければ除籍となるが、これらの大学は体育特技生にはこのルールを適用していなかった。中には偽造された診断書を提出しただけで単位を認めたケースや、兵役期間中の学生の名前で他人が代理で試験を受けるのを認めたケース、さらに病院で長期入院をしていた学生が出席したかのように書類を捏造(ねつぞう)したケースもあった。

 これら17大学で過去20年にわたり不当に単位が与えられた体育特技生は322人、関与した教授は448人に上っていた。崔順実(チェ・スンシル)被告の娘チョン・ユラ氏とめいのチャン・シホ氏のような不正は、ごく一部の限られた大学だけの話ではなかったのだ。逮捕・起訴された元梨花女子大学総長の弁護士も、裁判で「なぜ梨花女子大学だけが問題になるのか」と激しく抗議した。この主張も決して間違っているわけではない。

 韓国で体育特技生制度が導入されたのは1972年。オリンピックなど国際的なスポーツ大会でメダルを獲得すれば、これが国威発揚につながると考えられていた時代だ。この制度の導入をきっかけにスポーツ選手たちは幼い時から勉強とは全く関係のない生活を送るようになったため、今も体育特技生たちはほとんどが大学に入るのに必要な学力はない。しかも彼らを大学に入学させるための入試での不正行為も深刻だ。 (中略)

 小学校の時から体育特技生として大学に入ることを目指し、日々猛練習を続ける児童・生徒は韓国国内でおよそ8万人はいるという。その中でプロのスポーツ選手や指導者になれるのは1%にも満たず、残りは社会でスポーツ以外の仕事に従事して生きていかねばならない。しかし勉強もせずスポーツしか知らない彼らは大人になってどのような仕事に就けるのだろうか。小中高校の若いスポーツ選手たちは将来、誰もが高麗大学や延世大学に入る夢を持っているそうだ。だとすればまずはこの両大学が「スポーツ特待生制度は名門大学になじまない」という事実を認め、思い切って制度を廃止すべきではないだろうか。それが大学の真の名誉を高めるだけでなく、大学スポーツ全体に画期的な転機をもたらすはずだ。
(引用ここまで)

 おおきく振りかぶってだったかな、初戦敗退したシード校のキャプテンが大学受験するってエピソードの時に「部じゃ一番(頭がいい)ですかね」って言ったときに、先輩が「野球部なんてバカばっかりじゃねーか」っていう自虐ネタがありましたが。

 韓国の体育特待生のそれは日本の強豪校どころの騒ぎじゃないのですよ。
 下手をすると小学生の時からまるっきり勉強をしたことがないっていうレベル。
 特にひどいのは女子ゴルフで、学校にすら行かせないでクラブを振らせ続けるっていう話です。
 なので、チョン・ユラの大学・高校の「ほとんど通学していない」等々のエピソードを聞いた時も「日本ならともかく、韓国だったら普通のことじゃん?」って思ったのですけどね。

 チョン・ユラは(サムスン電子に買わせた)馬の持ってる技術が8割以上であるとはいえ、アジア大会で馬術団体金メダルを取っているのです。
 たとえ入学概要に馬術がなくても、あるいはアジア大会で金メダルを取ったのが一芸入試の期間内のことでなくても。
 実力が(馬に)あったのは間違いない。
 そういう人間に対しては韓国ではマニュアルに囚われずに「柔軟に対応する」ことが当然のことだったのですよ。
 逆に言えば若年層にとってはそういった旧来の(ろうそく革命以前の)ヘル朝鮮そのものを体現していたのがチョン・ユラであったとはいえるでしょうね。
 だからこそ怒りの矛先がチョン・ユラ、チェ・スンシル、パク・クネに向いたのだという言い方もできるかな。

 記事にもあるように特別扱いが当然というのが韓国社会の習いでした。
 その分、大学に行かせられるかどうかは生死の分かれ目なので、テコンドーでもショートトラックでも不正があるのですけどね。

 大学に行けなければまともな人間としては扱ってもらえないという韓国社会が前提で存在しているのだから、スポーツ選抜もあってしかるべきだと思いますわ。
 制度を撤廃するならまずは社会構造そのものを変革しないと。
 ……なんかすごいウォッチャー的なまっとうなエントリですね、これ。

[まとめ買い] おおきく振りかぶって(アフタヌーンコミックス)
ひぐちアサ
講談社