台湾・桃園空港入管、変造パスポート見抜く 韓国人女性を強制退去(フォーカス台湾)
(桃園空港 5日 中央社)台湾桃園国際空港第1ターミナルで3日、60代の韓国人女性が変造パスポートを使用して入境を試みたところ、出入境管理を行う内政部移民署国境事務大隊に拘束された。女性は4日、強制退去させられた。

国境事務大隊によれば、女性は長年マレーシアに居住。資金繰りに困り、8000万韓国ウォン(約786万円)の債務を抱えていたほか、債権者から訴訟を起こされたためにパスポートの更新ができなかったとみられている。女性は取り調べの際、4万5000台湾元(約16万4000円)でブローカーを通じて偽の韓国パスポートを購入したと認めた。これまでに同じパスポートを使い、世界各地を周っていたものの、その際は気付かれなかったという。

国境事務大隊は、女性が所有していたパスポートは精巧に仕上げられており、ブローカーの偽造・変造技術の大幅な向上が見て取れるとしている。
(引用ここまで)

 60代+この偽造パスポートで世界中を旅していたということで、台湾で日本人を騙っての世界最古のお仕事ではないと思うのですが。
 いや、あの人たちの場合、なんともいえないですけどね……。
 まあ、どっちでもいいか。

 リンク先の画像を見てみると分かるのですが、ホログラムも施されていて偽造というにはかなり手が込んでいます。
 以前から韓国ではこういった証明書やパスポートの偽造はかなり多く行われているのですよ。
 部品の正規品証明書はお笑い韓国軍原発鉄道でこれでもかというくらいに行われていますし、パスポート偽造で日本に入国してくる韓国人は多数います。
 なので、こういった偽造を専門とする業者がいるのではないかと推測されているのです。
 指にフィルムを貼って指紋をごまかして日本に入国しようとした女性がいましたが、そのフィルムも業者制だったとのこと。

 今年だか来年だかに購買力平価で日本人を追い抜くとか言っている連中がこうして密入国しているっていう事実が、実際の経済状況を示していると思いますね。
 密入国の理由なんて、ほとんどひとつですから。

密入国
菅野祐悟
2015/4/1
Sony Music Labels Inc.