韓国よ、仏像を返しなさい(VOICE)
 ――まず、先の判決の感想からお聞かせください。

 田中 韓国政府側は最初、「14世紀に倭寇が略奪した」という韓国・浮石寺の請求に対して「確たる証拠はないので日本へ返還する」という姿勢を見せていました。ところが地裁の判決が出る前ごろから、仏像の所有権は浮石寺にあるとする人びとを中心に「日本側こそ仏像が日本に渡ってきた経緯を証明せよ」と騒ぎ始めた。こうした経緯から、大田地裁の判決についてもある程度予想はしていました。とはいえ、やはり理性と品格を欠くような判決で、日本とは異次元の世界であると感じました。 (中略)

浮石寺側はもともと倭寇が盗んだというが、ただの推測というより妄想にすぎず、何の証拠もありません。盗人猛々しいというか、常人ではとても思い付かない発想です。

 ――ご無念はよくわかります。韓国の窃盗団が観音寺の仏像だけではなく、同じ対馬市の海神神社の「銅造如来立像」や多久頭魂神社の仏教教典「大蔵経」を盗み出し、博多港から韓国南部・釜山港に持ち込んだのは2012年10月です。それ以前に牴しい動き瓩呂覆ったのですか。

 田中 はい、ありました。私が観音寺の住職になったのはいまから30数年前ですが、ちょうどそのころ、韓国から僧たちがやって来て、「観音寺の仏像は浮石寺でつくられたものだから、返してほしい」といってきた。私は「仏像は500年以上もこの寺で守ってきたものだ」といって追い返したのですが、12年の秋に盗難に遭ったとき、そのことを即座に思い出したんです。そして、あの一味が窃盗に関わっていたにちがいないと確信しました。韓国で窃盗団が捕まったのは翌13年の1月末でしたが、やはりそうだったのか、と。とても奇妙に感じたのは、発見された現場に浮石寺が近かったからです。そして、仏像が韓国で発見されてすぐに浮石寺が、「同像は14世紀に同寺でつくられた」などと主張し、保管する韓国政府に移転禁止を求める仮処分申請を韓国の大田地裁に行なっていたのです(地裁はこの申請を認める)。あまりに手際が良すぎる、というほかありません。どこか裏のつながりを感じてしまいます。 (中略)

 ――ユネスコ(国連教育科学文化機関)の文化財不法輸出入等禁止条約では、盗難文化財が見つかった場合、加盟国は持ち主に返還しなければならないことになっています。これはユネスコの条文を持ち出すまでもなく、「国際信義」の問題だと思いますが。

 田中 今年1月の大田地裁の判決後、浮石寺の円牛住職は「日本に略奪されたり、不法流出した文化財は7万点以上に達する。今回の判決は不法に流出した文化財を取り返す出発点になる」と語りました。あたかも韓国人窃盗団の悪事を容認するかのような発言です。自分は泥棒に手を染めず、それを利用しているのではないか、と疑わざるをえません。

 ――30数年前の因縁もあるわけですしね。

 田中 ですから、以前から私は近しい人に犯行の経緯について、私なりの猗塙埓皚瓩鮓譴辰討たわけです。今回、それが図らずも証明されたという感じをもっています。 (中略)

 ――2012年8月には、李大統領が竹島に上陸する事件などがありました。とはいえ、韓国と対馬は地理的に近く、感情的な問題はあっても、今後も付き合っていかなければならない存在である、ともいえます。

 田中 おそらく対馬の人は有史以前から、朝鮮半島と交易してきた人びとです。そうして富を築いてきた。現在も多くの観光客が朝鮮半島から来ています。韓国の人が来れば、ニコニコしておもてなしをする。それが対馬人です。

 ――いろいろ思うところはあるけれど、日本人らしく、寛容の精神でグッとこらえて、というわけですか。

 田中 それが対馬人の生きる道ですからね。来る者は拒まず、韓国人が好きとか嫌いとか、公には口にしません。対馬の人は、昔から韓国人の性格は知り尽くしています。だから、今度の判決も「やっぱりそうか」と冷静に受け止めている人は少なくない。

 ――仏像の盗難が起こる前から、韓国との付き合い方は心得ている。

 田中 もう遺伝子レベルに組み込まれていますよ。トランプ大統領のように「壁」をつくって日本に来るな、という野暮なことはいわない。そういう品性のないことはしません(笑)。毅然と、粛々とこの問題に対処していく。それが国境に生きる対馬人の生き方なのです。
(引用ここまで)

 韓国人に仏像を盗まれてそのままとなっている対馬の観音寺前住職のインタビュー記事。
 ちょっと前にエントリしたタルボサウルスの密輸を連想しますね。
 あの化石密輸犯も盗掘は専門業者に任せて、密輸だけをしていたのです。
 この記事では示唆しているだけですが、韓国で所有権を主張している浮石寺の住職らから盗難犯へと情報が行ったのではないかと言っていますね。
 盗難後に浮石寺の住職が観音寺にやってきて、数百円の土産物の仏像(マスコット?)を渡そうとして追い払われたなんてこともありました。

 まあ、事前のつながりはなくても窃盗団側が盗品をどうにかしようっていう中でつながった可能性もありますかね。
 対馬の人は韓国人とのつきあいも濃いでしょうから、感じることもあったのでしょう。

 で、後半はその「韓国人と対馬人との接しかた」について語っているのですが。
 これもなかなか面白いです。
 「嫌いだ」とは直接は言っていませんが、そう言っているも同然。
 でも、直接口に出さないのが国境の地に住む者の知恵といったところかな。

そういえばこれをKindleで買ってた。あとで読もう。
対馬藩江戸家老 近世日朝外交をささえた人びと (講談社学術文庫)
山本博文
講談社
2002/6/10