日本の二つの顔…朝鮮半島危機論に火つけ、武装強化名分づくり(ハンギョレ)
 日本の政府とマスコミが、米国の航空母艦カールビンソン号の接近を契機に、朝鮮半島危機論を煽り立て“安保商売”に積極的に取り組んでいる。

 安倍晋三首相は12日、自民党の拉致問題対策本部を訪れ「さまざまな事態が起こった際には、拉致被害者の救出について米国の協力を要請している」と話した。朝鮮半島で軍事的衝突が起きれば、北朝鮮にいる日本人の救出に乗り出すという意味で、米軍が北朝鮮に投入される状況を念頭に置いた発言だ。 (中略)

 日本政府は米国の強硬対応基調にも積極的に呼応している。菅官房長官は11日「米国が全ての選択肢はテーブルの上にある という米国の政策スタンスを評価している」と話した。彼は7日、米軍がシリア空軍基地をミサイルで攻撃した直後に「核兵器と化学兵器の拡散・使用の脅威は、シリアだけの問題ではない。同様の問題は北朝鮮など東アジアでも起こり得る」と話している。 (中略)

 日本が朝鮮半島をめぐる危機感に積極的に便乗する措置と発言を続けているのは、まずは北朝鮮の威嚇に対する対応レベルと分析される。究極的にはこうした“機会”を利用して武装を強化しようとする下心もあると見られる。日本は自衛隊強化の根拠に北朝鮮脅威論と朝鮮半島危機説を挙げてきた。自民党は先月末、北朝鮮のミサイル基地攻撃を念頭に置いた敵基地攻撃能力の保有を至急検討しようと政府に提案した。自民党内に設置された「弾道ミサイル防衛に関する検討チーム」は、北朝鮮のミサイル発射が「新たな段階の脅威に突入した」として「巡航ミサイルを含む敵基地反撃能力を保有すべきで、直ちに検討を始めよう」と提案した。
(引用ここまで)

 相変わらず、ですかね。
 韓国では「北朝鮮の脅威を喧伝する日本」=「自国の軍事力を増強するため」という図式ができているのですよ。
 実際、韓国では前世紀の潜水艇座礁で侵入してきた江陵浸透事件で17人、天安艦が撃沈されて46人、第2延坪海戦で6人、延坪島砲撃事件で4人と殺されているのですよ。その他にも拉致事件多数。
 それでも北朝鮮と日本は同レベルの脅威とされている。なんだったら日本のほうが脅威くらいに受け止めている。

 以前からこの件についてはいくつか、いわゆる「韓国人の反応」を伝えていますが「日本は戦争をやりたがっているのだ」っていうコメントがかなりの数あります。そしてそれが「いいね」を相当数受けています。
 日本は韓国に対して領土的野心があるのだと確信しているのですよ。
 朝鮮半島の運営なんか、もう頼まれたってやりたくないってのにね。
 ヘル朝鮮って自嘲している国と世界最悪の独裁国家なんて誰が支配したがるのやら。
 クリミアみたいに天然資源があるってんならともかく、ろくな天然資源もない。燃料すら輸入に頼るような国の面倒なんか誰がみたいんだって……。

 特に北朝鮮に近しい立場にあるハンギョレであるからなお一層、そのような話をしているのでしょうが。
 ホントにもう勘弁ですわ……。

金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日 (講談社+α新書)
牧野愛博
講談社
2017/2/20