北朝鮮がミサイル発射するも失敗 東部新浦付近から1発=韓国軍(聯合ニュース)
 北朝鮮は16日午前、弾道ミサイル1発を発射したが失敗したようだ。韓国軍合同参謀本部はこの日、「北がきょう午前、(北東部)咸鏡南道・新浦付近から未詳のミサイルを発射したが、失敗したとみられる」と明らかにした。北朝鮮が発射したミサイルの種類はまだ確認されていない。 (中略)

 情報当局の関係者は「この日、発射に失敗したミサイルは5日に新浦付近から発射したものと同系列だとの見方に重点を置いている。地上の発射施設から遠くまで飛ばせなかったとみられる」と伝えた。 (中略)

 北朝鮮は25日に朝鮮人民軍創建85周年を迎えることから、再度弾道ミサイルを発射する可能性が高いとみられる。
(引用ここまで)

 うーむ、他のエントリを書いていたところで速報が入ってきたので見守っていたのですが、続報はほぼゼロ。
 現在のところまでミサイルの種類は不明とされています。
 発射直後に爆発ということなので、迎撃されたということではないのでしょう。英語表記ではwithin secondsとあるので秒単位で爆発。
 かつアメリカからこれといった声明も出ていないことから大陸間弾道弾クラスのものでもない。
 今月初めにもあったスカッドERかな。

 実験に成功していたら北朝鮮からなんらかのアナウンスがあったのでしょうが。
 今月25日の朝鮮人民軍設立85周年記念日まで、同じようになんらかの動きが出てくると思われます。

 国内的にはアメリカに対抗する姿勢をミサイルを打ち上げなければならない。
 だけども、それをアメリカにとがめられて開戦することは本意ではない。
 で、発射直後に爆発させた……というのはうがち過ぎですかね。この場合であれば、「爆発させたのは誰か」というのもちょっと面白いところですが。
 陰謀論に傾きすぎているかな。

SUPERサイエンス 爆発の仕組みを化学する
齋藤勝裕
シーアンドアール研究所
2017/3/27