【時視各角】「韓半島4月危機説」が「偽ニュース」だって?(中央日報)
「4月危機説」は“説”ではなかった。“ファクト(事実)”だった。われわれだけが一生懸命見ないようにしていた。米国は韓半島(朝鮮半島)周辺に空母を移動させて毎日のように大統領が「すべてのオプション」を叫んでいる。中国指導者は衝突を止めさせようとして米国に1時間以上にわたって電話をかける。北朝鮮はこれ見よがしにミサイルを次々と発射した。ところが韓国の外交部はのんきに「危機説には根拠がない」などと言っている。本当にそうだろうか。外交部の主張通り「4月危機説=偽ニュース」が正しいなら、米国のマスコミ各社はすべて廃業しなくてはならない。 ワシントンから見る米国マスコミは北朝鮮に対する軍事行動を既成事実化する雰囲気だ。CNNやFOXニュースでは一日中「北朝鮮」「軍事行動」という真っ赤な字幕が流れる。メディアだけではない。議会も「このままにしておくことはできない」が主流になった。大物政治家が先を争うように「北朝鮮への報復」を主張する。米国政府はどうなのか。13日の国務省の会見では「北朝鮮」という単語が58分間に26回登場した。たった2週間前を振り返っても、多くて1〜2回程度だった。もう後戻りしたくてもできないほど、北朝鮮への軍事行動論は多く出すぎてしまった。ありとあらゆる「空威張り発言」でトランプが自ら招いた側面もある。 (中略)

軍事行動は最悪のシナリオだ。サン=テグジュペリは「戦争は病気である。伝染性のチフスのような」と言った。最近の雰囲気がまさにこれだ。2003年、「大量破壊武器の除去」世論をあおり、結局イラクに対する無差別爆撃へと続いたブッシュの時と流れが似ている。米国が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の脅威現実化よりも、首都圏2500万人の「人質」を優先するだろうという考えは今では固陋な楽観論に過ぎない。米国は第3次世界大戦、核戦争も辞さないでキューバを封じ込めた国だ。韓国政府は「韓米同盟はこれまでになく強固だ」と叫んでいるが、米国は韓国が最も厳しい局面を迎えていた時、韓国を米国の防衛ラインから外して北朝鮮の南侵への誘惑をあおったことがあり(50年1月アチソン宣言)、相談なく在韓米軍の撤収を決めた(70年)ことがある。韓国は眼中になかった。

「最悪」を想定して悪いことはない、中国の破格的な圧迫で急場はしのげるかもしれない。だが、ことし末になればプルトニウム弾を装着した弾道ミサイル配備が終わることを知っているトランプは、北朝鮮に対する軍事行動の決断をそれほど長く先送りにはしないだろう。時間の問題ということだ。

だが、韓国大統領選挙に出馬した5人の候補からは、この危機を解決するロードマップも、危機意識も見えてこない。「トランプとは同じウォートン・スクール出身なので通じ合える」〔安哲秀(アン・チョルス)候補〕は虚無コメディだ(閣僚、ホワイトハウス中間幹部級以上の人事で、ウォートン・スクール出身は長女イヴァンカを除けば0人というほど、トランプがウォートン出身者を採用していないことをご存知ないのか)。「一方的な軍事行動を封じる」(候補全員)とする答えも小学生水準だ。どうしてわれわれは歳月が流れてもこのような低級な候補を見て票を入れなければならないのか。だが、境遇を嘆いている時間もない。韓国政府は危機ではないとの見解なので、候補でも共同特使団として米中に派遣する案を真剣に検討していただきたい。
(引用ここまで)

 韓国人の今回の北朝鮮核問題に対する希薄な当事者意識は楽韓Webでも何度か書いてきています。
 ここのところは「安倍の支持率稼ぎだ!」とか「日本は朝鮮戦争再来で儲けようと考えている!」だの「核問題を隠れ蓑に軍備増強を狙っている」と日本の陰謀であると考えている、という話を何度かしていました。
 韓国メディアは「27日爆撃説などありえない」と特定の日付を否定することで、北爆全体を否定するようにミスリードさせようとする。
 韓国政府も同様。

 なにかといえば日本人が心の奥底で第2次朝鮮戦争を望んでいるから、日本のメディアも政府も朝鮮半島有事を口にするのだというようなあさっての方向の話題が出てくる。
 「韓国を異常で危険な国としたいのだ」なんてのはその典型例ですね。
 でも、日本にいればその異常さは見えてくるし、この記事にあるようにアメリカからもその異常さは見えてくる。
 朝鮮半島有事は明日起きてもおかしくない状況にある。
 アメリカはレッドラインがどこにあるかを明確にしようとはしないし、北朝鮮もどこにそれがあるのかを探り探りで挑発している。もちろん、それぞれの国内情勢も微妙に絡んでいる。

 でも大統領候補は「戦争はよくない」と木で鼻をくくったかのような話しかしていない。
 日本政府が現実に即して「朝鮮半島から難民が来た場合の対応を協議している」って語ったら、韓国政府もメディアも「失礼千万だ!」とか噛みついてくる。
 噛みつく先が違うだろうにね……。 

おっと、まもなく発売。
戦争にチャンスを与えよ (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2017/4/20