Xデーに戦闘機飛来、「戦争か」ソウル市民騒然(朝鮮日報)
「あれは北朝鮮の戦闘機ではないのか? 本当に戦争が起きたんじゃないか」

ソウル・蚕室に住む大学生のキム・ミンギョンさん(25)は25日午前10時30分ごろ、耳をつんざくようなごう音に驚いた。ベランダに出てみると、戦闘機9機が真っ黒い煙と共に蚕室総合運動場の上空を飛行していた。驚いたキムさんがスマートフォンを開くと、ポータルサイトのリアルタイム検索ワードに「北朝鮮」が浮上しており、「北朝鮮の朝鮮人民軍創建記念日(4月25日)を迎え、韓半島(朝鮮半島)の緊張が高まっている」というニュースも出ていた。キムさんは「何か大変なことになっていると思い、マンションの1階まで駆け降りたところ、ほかの住民たちも一斉に集まってきて騒然となった」と話した。(中略)

 市民たちを恐怖に陥れた戦闘機の正体は、韓国空軍特殊飛行チーム「ブラックイーグルス」の国産超音速訓練機(T−50B)だったことが分かった。今月29日に蚕室運動場で行われるソウル国際ホイールチェアマラソン大会の記念エアショーに向けて予行演習をしていたのだ。ブラックイーグルスは今月21日、空軍のウェブサイトやフェイスブックなどで「25日午前10時30分と午後3時の2回、ソウル・蚕室周辺で飛行訓練を実施する」と告知していた。しかし広報が不十分だったため、飛行訓練があることを知っていた市民がほとんどおらず、大騒動になったというわけだ。 (中略)

 市民たちは、事前にきちんと告知しなかった区庁やブラックイーグルスへの不満をぶちまけている。松坡区庁は初めから告知をしておらず、飛行訓練が全て終わった午後2時ごろに区庁のブログに「エアショーのリハーサル期間です」と書き込んだ。ソウル国際ホイールチェアマラソン大会の組織委員会は「国内外の安全保障状況が緊張状態にあり、一部市民が不安を感じているようだ。今後はより積極的な方法で広報し、同様の混乱が起きないようにしたい」と説明した。波紋が拡大したため、組織委は25日午後3時に予定していた予行演習を中止した。
(引用ここまで)

 「すわっ、北朝鮮の攻撃!?」と大騒ぎしてみたら、曲芸飛行を見せるT-50Bの練習飛行であったというオチ。
 エアショーの練習とのことですから相当な低空飛行だったのでしょう。
 それも蚕室競技場といったらソウルのど真ん中。
 ソウルの韓国人からしてみたら「まぎらわしいことすんな!」ってとこですね。

 ふーむ、いままで考えたことがなかったのですが、たとえば38度線の北側を飛んでいる戦闘機が進路を変えてアフターバーナー吹いたら、スクランブルなんて間に合わない……か。たとえミグ21とかでも。
 問題は9.11のように突っこんだとして、韓国社会がダメージを受ける場所。
 ……あれ、もしかしてワールドトレードセンターみたいな場所って存在していない?
 つい先日開業したばかりのロッテワールドタワーには思い入れとかなさそうですしね。
 国防部であればなんらかのダメージを受けるでしょうけど。

 低空飛行が予想される練習飛行の告知がなかったこともそうなのですが、暢気すぎますわな。
 こういうちょっとしたことから、ドミノ倒しのように物事が進むことがあるのですよ。
 国境線(ではないと韓国政府は主張するでしょうが、実質的には国境線)をはさんだすぐ横に敵対国家があるのだから、もっと戦争への当事者意識があってもよさそうなものですけどね。
 太陽政策の10年で牙も爪も失ってしまった、というような話をよく聞きます。
 あるいは「同じ民族に銃を向けるわけがない」なんていう話も聞きます。
 60年前に血で血を洗う内戦をしていたくせに。
 70年以上前の「日帝支配」とやらは忘れずに、朝鮮戦争はすっぽり忘れて生ぬるいことを言っている構造はなかなか興味深いところではありますが。

ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち
武田頼政
文藝春秋
2014/4/10