米韓FTAは見直し、韓国がTHAAD費負担を=トランプ氏(ロイター)
朝鮮半島情勢、「制御不能となる」危険性がある=中国外相(ロイター)
トランプ米大統領は27日、ロイターのインタビューに応じ、韓国との自由貿易協定(FTA)を停止あるいは再交渉すると語った。 (中略)

大統領は2012年に発効した米韓FTAについて、米国がカナダ、メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しを完了した後、再交渉の対象になると指摘。

米韓FTAは「ヒラリー(クリントン前国務長官)が結んだ、受け入れられない、ひどい協定だ」と批判し、米国は同協定を「再交渉もしくは停止する」と語った。

米国税調査局のデータによると、米国の対韓国貿易赤字は、米韓FTA発効前の2011年は132億ドルだったが、2016年には277億ドルまで増えている。(中略)

韓国企画財政省の匿名の高官はロイターに対し「発言と実際の政策は異なる」と述べた。現時点ではトランプ政権から何の要請も来ていないとし、今後の動きを見守っていく必要があるとの考えを示した。また、FTA再交渉について韓国は公式要請をまだ受けていないとする前日の柳一鎬・企画財政相の発言に言及した。
(引用ここまで)
中国の王毅外相は28日、朝鮮半島情勢について、状況が悪化し制御不能となる可能性があるとの認識を示した。ロシアの外交官に語った。

国連の会議に出席した際、ロシアとの会合で述べた。中国外務省が外相の発言を発表した。
(引用ここまで)

 米韓FTAこそがTPPを潰した原因ともいえるのですよ。
 FTAを結んでいるのに韓国政府がばんばん為替市場に介入し、ウォン安を演出してアメリカの雇用と富を奪い去っていったというのがアメリカ側の認識なのです。

 アメリカ国民の視点ではNAFTAがメキシコによる経済的搾取で、米韓FTAがアジアによる搾取の象徴。
 グローバリゼーションの波に乗ったら、中間層が貧しくなっていったという反発が「トランプ大統領」の生みの親といえます。
 生みの親には逆らえませんわな。

 TPPはまさにその延長線上にある多国間FTA。
 まだ発行していなかったことを幸いとして、まず就任と同時にこれを潰した。
 TPPに乗り遅れていた韓国は歓喜の声を上げていたのですが、次の目標はNAFTAと米韓FTAになるに決まっていたのですよ。
 メキシコからの不法移民と工場建設によって職を奪われた。
 米韓FTAによって本来得られるはずだった利益が奪われた。
 まあ、実際はどうなのかは情報の精査が必要ですが、アメリカ国民、そして議会からの視点はそうなっているのです。

 トランプが当選してからこっち、韓国はそれに備えるべきでしたし、そのための時間も充分にあったはずなのですが。
 やっていたことといえば大統領弾劾とそれに伴うぐだぐだ選挙戦。
 ま、しかたがない。

 もうひとつの王毅の発言記事は短いからこそ危険を性を感じます。他に載せられるような場所もなさそうなので、ここでピックアップしておきます。