菅義偉官房長官、「慰安婦」日韓合意「責任持って実施を」 韓国新大統領に要望(産経新聞)
 菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、同日投開票の韓国大統領選挙において世論調査で優位に立つ「共に民主党」の文在寅氏が、慰安婦問題をめぐる日韓合意の再交渉を主張してにいる現状について、「国際社会からも高く評価された合意を、責任を持って実施していくことが極めて重要だ」と述べた。その上で「韓国側に対し、粘り強く、合意の着実な実施を求めていく方針には変わりはない」として、新政権下でも合意は履行されるべきだとの考えを改めて強調した。

 一方で菅氏は、「わが国にとって韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国だ。両国の協力と連携は、北朝鮮問題への対処など地域の平和と安定のために不可欠だ」と語り、日韓の協力を進める考えも示した。
(引用ここまで)

 先日の萩生田官房副長官の発言に続いて、菅官房長官からも「慰安婦合意について責任をもって実施していくことが重要」との発言がありました。
 そして「粘り強く合意の着実な実施を求めていく方針に変わりはない」と続いてきている。
 やはり、「日韓関係はまず『慰安婦合意』が最初にあるべき」という認識を示したものといえるでしょうね。



 ここが最初のハードルであり、合意を実施していかない以上は日韓関係はないというのが、現在の日本政府の認識であると。
 他国の選挙当日にこういった発言はかなり異例ですが、それくらいに重要視しているということでもあるのでしょう。

 そして、おそらく日本政府がこのようにして言えば言うほど、韓国側(おそらくはムン・ジェイン政権)も頑なになっていくことでしょう。ちょうど、パク・クネが「歴史問題の解決がなければ日韓首脳会談はない」と言っていた状況が逆転しているような状況ですね。
 まあ、首脳会談はしてもいいと思いますが。
 「ドアは開いている」→「さて貴国と結んだ慰安婦合意についてですが」で終了するというのもなかなか面白そうです。

 ノ・ムヒョンが就任したとき、まだはじめたばかりの楽韓Webで「これは面白いほうが大統領になった!」とワクテカであることを隠せなかったのですが、それと同じくらいの高揚感がありますよ。
 今後の5年間、ネタには困らないであろう。それも高レベルなものでという安堵感がありますわ。
 韓国ウォッチャーとしてはありがたいことです。

 おっと、投票終了で出口調査ではムン・ジェインが41.4%で1位と報じられていますね。
 ついでホン・ジュンピョが23.3%、アン・チョルスが21.8%。保守統合ができていれば勝てた芽もないではなかったかもしれませんが……。まあ、微妙なところ。
 そして40%台での当選になるのは間違いないといったところでもありますね。
 正式に決まるのは夜半の模様です。

業績を伸ばすための"守り"を固める 鉄壁のリスクマネジメント
太田裕二
幻冬舎メディアコンサルティング
2017/2/28