ミサイル発射そのものについてはまたあとで扱います。30分飛翔で日本のEEZ外の日本海着弾ってことは高高度軌道をとったのかなー。

 昨日の夕方に朝日新聞が「北朝鮮北部で弾道ミサイル発射の兆候」という報道を行っていました。

北朝鮮、弾道ミサイル発射の兆候 文政権でも挑発か(朝日新聞)
 北朝鮮西部、平安北道亀城(ピョンアンブクトクソン)市付近の飛行場で13日未明、弾道ミサイルの発射に向けた動きがあったと軍事関係筋が明らかにした。実際に発射されたかどうかは確認されていない。韓国で南北対話を重視する文在寅(ムンジェイン)政権が誕生したが、北朝鮮は軍事挑発を続ける方針とみられる。

 同筋によれば、飛行場に移動発射台が展開。13日未明までに、ミサイルを起立させる作業が行われたという。北朝鮮は従来、実際の軍事作戦も想定し、夜明けと同時に発射するケースが多い。米韓両軍は13日昼の時点で、ミサイル発射の事実を確認していない。
(引用ここまで)

 軍事関係筋ってどの国の軍事筋なんだろうっていうのが気になりますけどね。
 朝鮮半島西部ということで、成功率の高いミサイルがここから打ち上げられることが多いのです。逆に実験的なものは東海岸から打ち上げられることが多い。
 3月に4発のスカッドERが同時発射されましたが、このときも自信があったからこそ西側からの発射になったのでしょう。
 今回も同様であるていどの信頼性の高いものを使ったのではないでしょうかね。

 他には同じような報道がなかったので、朝日のスクープだと思われます。

 さて、この報道が韓国でも引用される形で報道されました。

日メディア「北、今日の夜明け弾道ミサイル発射の動きあった」(聯合ニュース・朝鮮語)

 この聯合ニュースの報道自体は引用だけで、なにも付け加えられていないのですが。
 ここでのチェックポイントはやはり、韓国人のコメントです。
 500件オーバーのコメントが掲載されているので、けっこうな注目記事になったのは間違いありませんね。

 もっとも共感ボタンが押されている(1183回)コメントはこちら。

・「韓半島で戦争勃発を望んでいるチョッパリたちが」

 毎度毎度の妄想ですね。「景気の悪い日本は朝鮮戦争での好景気が忘れられないのだ」というアレです。その他のコメントもちらっと見てみましょうか。

・「日本の安倍チョッパリどもは本当に戦争勃発を願っているな」
・「韓半島は大韓民国の領土だ。チョッパリどもがなぜ覗いている」
・「日本:昨日も今日も歴史歪曲の動きが分かります」
・「安倍が(戦争を)したいんだろ」
・「アメリカも中国も静かなのに? 安倍が夢を見たんじゃない? 戦争戦争の歌を歌ったんだろ、夢の中で」

 韓国の反応を書くのが主眼のブログではないのでこのあたりにしておきますが、その他のコメントもほぼ似たようなもの。

 楽韓Webでは今回の北朝鮮核問題について「韓国人がまったく当事者意識を持っていない」と書いてきました。

韓国を覆う「戦争になるわけない」という意識はどこから来ているの?
韓国人若者の「ムン・ジェイン当選が当選すれば韓国はすべてうまく行く!」という叫びに見るデジャ・ヴュ感

 今回も同様に当事者意識がないということが確認された、というわけですね。
 で、実際に翌日にはミサイルを撃たれていたというオチ。
 これ、けっきょく開戦して最初の砲弾が撃ち込まれてもやっていそうですわ。

笑う免疫学 ――自分と他者を区別するふしぎなしくみ (ちくまプリマー新書)
藤田紘一郎
筑摩書房
2016/1/10