ムン・ヒサン特使「慰安婦」に言及しても、日本は「北朝鮮の核対応」を強調(MBC・朝鮮語)
ムン・ヒサン急使、今日阿部面談... 「慰安婦合意」の議論(KBS・朝鮮語)
ムン・ヒサン、慰安婦言及しましょう... 日外相「冷ややか」(朝鮮日報・朝鮮語)
岸田外相は「慰安婦合意順守」に言及はしなかったし、代わりに、北朝鮮の挑発脅威に対抗両国間の協力を強調しました。
(引用ここまで)
これに対して、日本側から慰安婦合意順守などの具体的な要求はなかったと伝えられました。
(引用ここまで)
この日、ムン特使は会談後、記者団に「日本が「合意を履行せよ」という 言葉を取り出したのなら、私たちは「破棄」の話をしなければならなかった。だが、そんな雰囲気ではなかった」とした。しかし、読売新聞は「岸田外相が慰安婦の合意履行を要求したのに対し、ドア特使は「 (韓国)国民が感情的に合意を受け入れられないのが現実」とした」と報道した。
(引用ここまで)

 どうも韓国国内では岸田外相が慰安婦問題に対して口を出さなかったということになっている模様。
 ムン・ヒサン特使との会談は冒頭にだけカメラが入って、報道陣が退出して会談という一般的なパターン。
 その冒頭時に岸田外相は「北朝鮮に関しての〜」という話をしています。画像はMBCから。

kishida

 その後、カメラはシャットアウト。

 表敬訪問終了後、ムン・ヒサン特使は囲み会見を韓国マスコミに対してやっています。
 そこで「韓国国民の多数が慰安婦合意を受け入れていない雰囲気だと話した」というように語っていますね。画像はKBS1から。

munhisan


 岸田外相は囲み会見をしなかったようです。
 外務省のサイトにはざっくりとした概要が書かれています。

文喜相韓国大統領特使一行による岸田外務大臣表敬(外務省)

 ま、本当にざっくりとした概要だけ。ですが「岸田大臣から日韓合意を含む、二国間関係を〜」という文言はあります。
 韓国外交部のサイトも見たのですがこれといってリリースなし。大統領府にもなし。

 昨日のエントリのように日本のマスコミからはいくつか「岸田外相は慰安婦合意が重要であるという認識を述べ……」とありますが、映像等はないようです。
 ま、韓国外交部をはじめとした省庁が嘘をつくのはいつものことなので、なんら不思議はないのですけどね。

 朝鮮王朝儀軌を「お渡しした」と書いたのに、韓国外交部のプレスリリースでは「日本政府が返還した」となっていた。
 大統領府からも「エリクソンが1500億円規模の韓国への投資を約束した」と嘘のプレスリリースを出す。
 韓国高官は「日韓スワップ協定の拡大は日本が言い出したことだ」とか嘘をつく。
 国防部は「日本への銃弾貸し出し依頼などしていない」と嘘をつく。中谷防衛大臣の「韓国の実質支配地域は朝鮮半島の南半分でしょ」という発言がなかったという嘘もついていましたね。

 とまあ、こうやって前例がありすぎるのです。
 ま、今回も嘘をついていたというオチになるのは当然のことだと思われます。

良心をもたない人たち
マーサ・スタウト
草思社
2012/10/10