【時視各角】空ばかり眺める平昌オリンピック(中央日報)
「2018年2月9日。平昌冬季オリンピック開会の日だ。心配した通りだった。昨夜降った雪でアルペンシアスタジアムが凍結した。急いで軍将兵を投入して氷を割り、座席の解氷をするが、どうにもならない。3万5000席をどう処理するのか。午後8時の開会式まで12時間しか残っていない。観客は午後6時になると入場してくる。

あれほど祈ったが、空も無情だ。期待した異常高温もなかった。むしろ酷寒に大雪。夜9時の予想気温は氷点下12度、風速は時速10メートル。体感温度は風速1メートルあたり1度ずつ落ちる。観客は氷点下22度の酷寒の中で4時間ずっと座っていなければいけない。公演が目に入るはずがない。いくら良い作品を制作しても意味がない。花より団子というように、温かく腹が満たされてこそ感動や感嘆の声が出る。大統領の演説中、ついに観客が震えながら席を外す。外国の首脳も北風寒雪にそわそわする。惨事もこれほどの惨事はない」。

宋監督は「考えるだけでぞっとする」と語った。これはすべて予算のためだ。アルペンシアスタジアムには屋根がない。工事費を減らし、撤去を容易にするためだ。このため酷寒には無対策となった。座席に熱線を入れようというアイデアもあった。しかし数十億ウォンの予算がなく、あきらめるしかなかった。防寒装備でもまともに準備してくれればよいが、膝かけ1枚とカイロがすべてだ。やはり予算がなく、1人あたり1万6000ウォン(約1600円)以内で準備しなければならなかった。したがって厚くて大きいブランケットや防寒帽、防寒マスクなどは考えることもできない。

宋承桓監督は今年2月9日午後8時にアルペンシアスタジアムに行ってみた。やはり氷点下5、6度に風が強く、体感温度は氷点下20度ほどに感じられた。完璧に防寒服で身を包んだが、どうにもならなかった。同行したイ・ビョンナム・オリンピック組織委局長と職員は異口同音に「1時間ほど過ぎると凍死しそうだった」と語った。(中略)

オリンピック組織委員会はいくら切り詰めても3000億ウォンほど不足するとみている。このため急ぎでない酷寒対策は後回しにされた。(中略)

20万−150万ウォンの入場券を購入して来た観客が真冬の酷寒に震えていても5万−6万ウォンの防寒キット一つも配れない。これでは平昌が国の名誉を高めるどころか、悪名をはせることになりかねない。空ばかり眺める天水田のようになった平昌、いつまで見守らなければいけないのだろうか。
(引用ここまで)

 こう書かれててソチの開会式はどうだったかなーと思ったのですが、全席に屋根のあるサッカースタジアムでしたね。
 その前のカナダのバンクーバーはドーム競技場でした。トリノもサッカースタジアムだったと思うのですが、まあさすがにヨーロッパのスタジアムだったら屋根はあるかな。
 ソルトレーク、長野までは覚えていませんが、長野は開会式セレモニーの出来がアレすぎて……。あ、長野パラリンピックの開会式はすごくよかった。おそらくすべての冬季オリンピック・パラリンピックを通じても屈指の出来でした。久石譲氏の演出だったはずです。

 閑話休題。
 ちょっと調べたら長野の開会式は気温0度だったそうです。風がどうだったかまでは覚えていませんが、昼間にやっていました。アメリカのプライムタイムに生中継するためだったと記憶しています。
 ……なんで平昌は夜にやるんですかね。
 それも午後8時から4時間とか。
 長野(というか日本)と時差は変わらないからESTとは14時間。ニューヨークは朝の7時。ロスだと朝の4時。時差が原因ではないっぽいかな。
 電飾とか花火が目立つ演出ができるのは夜ですけどね。韓国が夜で、かつアメリカがぎりぎり起きてくる時間で……ということかなぁ。

 気温がマイナス5度。風が吹いて体感温度はマイナス20度。
 屋根もなく、風対策もない。暖房もないし、貸し出し防寒具もない。
 吹きっさらしの開会式場で体感気温マイナス20度で4時間。なんだろ……がんばれ、超がんばれ>観客

サバイバルシート(防寒・保温シート)5枚パック
防災研究プロジェクト
2014/1/14