文大統領は、直接「了解」を表明... 「人選政局」を突破しようと(ニュース1・朝鮮語)
カン・ギョンファ「偽装転入物議に申し訳ありません...誰の家なのか知らなかった」(聨合ニュース・朝鮮語)
ムン・ジェイン大統領が29日、人事原則違反論議と関連して直接の立場表明をしながら、今回の事案の正面突破に乗り出した。

ムン大統領は謝罪や遺憾表明の表現を使わなかったが、就任初期大統領が直接野党に「了解」を求めて出ることによって偽装転入問題などでブレーキがかかっていたイ・ナギョン首相候補承認案の処理が好転するものと予想される。

ムン大統領はこの日午後、青瓦台で開かれた首席秘書官-補佐官会議の冒頭発言を介して自分の5代不正(兵役逃れ・不動産投機・脱税・偽装転入・論文盗作)人事原則違反論議と関連して、「今の議論は準備過程を経る余裕がなかったことから始まったことを野党議員と国民に了解をお願い申し上げる」と述べた。

彼は「私は5大不正排除原則がきれいな公正社会のために非常に重要であると思うが、私が公約したのは、まさに原則であり、実際の適用においては具体的な基準が必要だ」と国政企画諮問委と青瓦台人事首席室と民情首席室で新しい検証基準作りを注文した。
(引用ここまで)
カン・ギョンファ外交部長官候補者は29日、偽装転入疑惑について「物議をかもして申し訳ない」と謝罪し、経緯を説明した。

カン候補者はこの日、ソウルドリョムドン外交部庁舎近くの事務所で記者らと会った席で「2000年に私が娘の進学のために浅慮で行ったことがこのように多くの影響をきたすこととなって大変申し訳ない」とし、「謝罪」の言葉を述べた。

カン候補者は、偽装転入動機について「1999〜2000年、夫が学校で休暇を得て、子供全員をすべて連れて米国に行った1年の教育を受けて、2000年に再び戻ってきた」とし「上の娘がアメリカにいるとき、適応に困っている姿を見て私の心に(娘が)再び韓国に適応するために楽な状況になればよいという考えから、私が通っていた梨花女子校に必ず入れたい気持ちが生じた」と述べた。

彼女は偽装転入した住居の伝貰権者が梨花前校長であったことについて、「ちょうど知り合いの恩師に住所を紹介いただいて、その住所に住民登録を移して、子供が梨花女子校に通うことになった」とし「その住所に誰が住んでいるのか、所有者が誰であるかについては、全く知らなかった」と付け加えた。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインが組閣に手間取っていまして。
 もちろん、原因は自分が公約していた「5大不正排除原則」に閣僚候補が引っかかりまくっているという状況です。
 野党がとにかく許容しない。
 そりゃまそうで。
 「パク・クネのいたセヌリ党(現在の自由韓国党)が韓国をこんな形にしたのだ。我々が政権を奪取すればこのような疲弊は除かれる。閣僚が5大不正を持つことは許さない」だのなんだの言っていたのです。

 だけども、蓋を開けてみたら首相、外相、公取委員長のすべてが糾弾していた偽装転入を行っていたというオチ。身体検査をしっかりやったら他にも出てくることでしょう。
 この間も書きましたが同じ社会を構成していた同じ上位層なのですから、同じことをやっていたに決まっているのです。そうしなければ、上位層を維持できないのですから。
 政治に関われるほどに上位層を構成しているのに、5大不正とされた「偽装転入・脱税・兵役逃れ・不動産投機・論文盗作」のいずれにも引っかからない韓国人なんてSSSSSレアカードものですわ。

 でもって、カン・ギョンファ外交部長官候補の記事にはなんと10000コメント超え。滅多にないことですね。
 かなりの声が「そうやって邪魔をしている国会議員も偽装転入しているだろ」とか、組閣の邪魔をしている野党議員へのブーイング。
 そして、なぜか「日本はカン・ギョンファが就任することを恐れている。これはいい」というようなコメントも多数。
 ……なにか根本的な勘違いをしている模様。

・この機会にすっきりと調査せよ! 国会議員金匙たち、スンシルとのようなものすごく多いようだ
・パク・クネだってこんなことはやっている。いや、イ・ミョンバクだって同じなんじゃないか。
・日本がカン・ギョンファ恐れているから、それで自由韓国党が躍起になって爆破するんだなww。
・今、日本ではカン・ギョンファ候補が韓国外交部長官にならないように待っているようだ……もしそうなら、過去半年の間に受けた屈辱を返してもらうためにも、(多少は個人として傷があっても)、日本の子供たちが望むようにならないためにも、カン・ギョンファ候補が外交部長官になるべきなのだ。
・これは不動産投機目的でもないのに、どれだけ叩けばいいんだ。もう何日経過していると思う! うるさい親日者どもめ! ああ、日本に強硬な人が入閣しようとするから死ぬほど反対しているんだな!

 うむ、なにを言っているのかさっぱりだ。
 まだまだ組閣には時間がかかる模様です。

廃課金四姉妹 1<廃課金四姉妹> (コミックフラッパー)
地下
KADOKAWA / メディアファクトリー
2016/10/22