韓国国会議長「ここ数年間、韓日関係は正常ではない…改善されるべき」(中央日報)
韓国国会議長 安倍首相と会談「互いに気持ち通じた」(聯合ニュース)
丁議長はこの日、フェイスブックを通じて「ここ数年間の韓日関係は非正常的」としながら「指導者の間の疎通不在も主因の一つ」と明らかにした。続いて、今回の訪日に対して「硬直した韓日関係を改善し、未来志向的パートナー関係を模索する契機となることを望む」と伝えた。
(引用ここまで)
日本を訪問している韓国の丁世均(チョン・セギュン)国会議長は8日、安倍晋三首相と会談した。会談後、記者団に対し、「両国関係を緊密にし、未来指向の協力・パートナー関係に進もうということで合意した」と説明した上で、両国首脳が相互に訪問するシャトル外交を早期に再開させることで一致したと話した。

 また「経済や北の問題など様々な懸案に対し、双方が十分に協力するよう提案した」とし、「過去には両国の関係が冷え込んだ際に動くことができる人材がいた。今後は『韓国通』や『日本通』の人材を復活させることで、十分に困難を克服することができるシステムを作ろうと提案した」と述べた。

 提案に対する安倍首相の返答については「比較的、全体的に首相が話したことに私が共感することが多く、私の話についても特別な異議はなかった」とし、「互いに気持ちが通じたというか、対話がうまく進んだ」と説明した。 (中略)

 旧日本軍の慰安婦問題を巡る韓日の合意や歴史問題などについては互いに言及しなかったという。(中略)

 会談は4分間の公開冒頭発言と20分間の非公開会談に分けて行われた。
(引用ここまで)

 韓国の国会議長が来日していて、安倍総理を表敬訪問していたのですけども。
 訪日前に「ここ何年も日韓関係は正常ではない」とフェイスブックに書きこみをしていたとのことです。
 まー、共に民主党から6期連続当選で国会議長になるほどの重鎮であってもこのていどの認識ってことですかね。しかし、6期連続で出馬していて1回も同じ名前の政党であったことがないっていうのもすごいな……。

 何年にもわたって正常でないとされる状態が続いているのであれば、それが新たな常態なのです。
 楽韓Webで何度も言っている「ただの隣国関係」というヤツですね。
 国会議長や特使が来るのであれば、外相なり総理大臣は表敬訪問を受ける。
 国家元首が来るのであれば時として国賓として遇することもあるでしょう。
 でも、だからといってなぁなぁの間柄にはならない。

 かつてのように「妄言だ!」と叫ぶだけで大臣級の首が飛ぶようなことはないし、どんなに土下座してもボーダーを超えた態度の前では通貨スワップ協定が結ばれたりもしない。
 そもそも「約束を守らないヤツは金だって返すかどうか分かりゃしない」というていどの関係になっているのですから。
 外相同士の約束は守らなくても構わないって言い放つくらいの人間が外相候補なんですから、どっちもどっちでしょ(笑)。

 ちなみに表敬訪問は20分。通訳を介していたら10分ちょい。
 まあ、この記事にある以上のことはなにもなかったと見るのがちょうどよいかな。

最強の現場をつくり上げる! トヨタ式「改善」の進め方 (PHPビジネス新書)
若松義人
PHP研究所
2007/5/19