ロト当せんで家庭不和、脅迫などで有罪=蔚山地裁(朝鮮日報)
 日雇いの建設作業員として働いていたKさん(59)は昨年8月、ロトくじで1等が当たった。賞金40億ウォン(約3億9200万円)のうち、税金などを差し引いた27億ウォンを受け取った。一人で一男一女を育てた苦労の末の幸運だった。しかし、すぐに家庭不和が起きた。Kさんの妹2人らは「これまで母の世話をしてきたのだから、マンションの購入費と生活費がほしい」と求めた。Kさんは「母の世話は見るが、他の要求は困る」として拒んだ。

 すると、妹夫婦らは昨年8月、70代の母親と共に慶尚南道梁山市庁の前で「ロトくじで40億ウォンが当たるや否や、母を捨てた息子を告発する」というプラカードを掲げてデモをおこなった。妹や弟らはまた、鍵修理を呼び、Kさん宅の鍵を壊し、室内に入った。

 Kさんは妹夫婦を告訴。裁判の過程では、Kさんが当せん金を分配しないという理由で、被告の妹夫婦は脅迫と暴言を繰り返したり、母をKさんが連れていけないようにしたりしていた事実が明らかになった。

 蔚山地裁は脅迫、住居不法侵入などの罪でKさんの妹2人に懲役1年(執行猶予3年)、社会奉仕200時間の判決を言い渡した。妹の夫(54)は懲役8カ月の判決を受け収監された。蔚山地裁は「妹2人は脅迫について自白し反省している点を考慮した。妹の夫は鍵修理屋を呼ぶなど犯行を主導しながら、それを否認するなど態度が悪い」と批判した。
(引用ここまで)

 韓国の宝くじ当選金には税金がかかるのですね。
 ま、それはともかくとして。
 ありましたね、このニュース。去年に韓国マスコミではちょろっと報じられていて面白く思ったのですが、うまくタイミングがあわなくて紹介できなかったものです。

 韓国のひとりデモの風習(この場合は夫婦のふたりですが)に従ったもので、自分の気に入らないことを周囲に聞いてもらおうというものですね。
 釜山の「LOVE JAPAN」の人もやっていましたし、パク・クネ弾劾反対派も各々でやっていました
 弾劾反対派のリンクから行ける写真を見ても分かるとおり、どうしてもサンドウィッチマン風になってしまうのですが。

 まあ、それだけなら韓国ではごくごくありがちな風景なのですが。
 これは「宝くじが当たった」という兄の強烈な成功が、妹側の強烈なウリ感を巻き起こしたが故に起きた事件ですね。
 韓国の風習では友人同士であれば冷蔵庫を覗いてもいいし、そこからなにかを勝手に取っていってもいいのです。なぜってそれがウリというものだから。向こうから取っていってもいいというようになるのでお互い様なのです。
 日本人には馴染みがたい風習なので、カナダの語学留学で韓国人がルームメイトになると一方的に持っていかれるばかりになって、なぜかカナダから嫌韓が生まれるという。
 そのウリ感に「成功者は近親者の世話を見るべきだ」というぶら下がりの風習が加わって生まれた珍事件です。

 妹側から、あるいは韓国的風習にしてみたら、正しくないのは兄の行動なのですね。
 韓国メディアのニュースについたコメントを見ても、「なぜ兄はまったく与えないのだ。大事なのは家族だろう」みたいなコメントがついています。割合としては少ないものですが。

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する 1 (MFC)
今井ムジイ / すずの木くろ
KADOKAWA / メディアファクトリー
2017/4/22