「北朝鮮が核・ミサイル活動中断すれば韓米軍事訓練の縮小可能」(中央日報)
THAADに続いて文正仁大統領補佐官…冷めたワシントン(中央日報)
ムン・ジョンイン「対米発言」論議(ソウル新聞・朝鮮語)
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の統一外交安保特別補佐官を務める文正仁(ムン・ジョンイン)延世(ヨンセ)大学名誉特任教授は訪問先の米国で16日、「北朝鮮が核・ミサイル活動を中断すれば米国の戦略資産展開を含め韓米合同軍事訓練を縮小できる」と話した。また、「北朝鮮の非核化がなければ対話できないという米国の条件に韓国が合わせる必要はない」と主張した。 (中略)

ワシントンでは文特別補佐官のこの日の発言が韓米首脳会談を10日後に控え北朝鮮の核問題に対する韓国政府の役割空間を広げ韓米両国の世論を喚起させようとする次元から出たとみている。だが、最近米国人学生のオットー・ワームビア氏が北朝鮮に17カ月間にわたり抑留され昏睡状態で帰国したことに対し米国内の世論が悪化した状況で米国政府が新たな北朝鮮へのアプローチを出すには条件が良くないという分析も出ている。

文特別補佐官はこの日、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備と環境影響評価をめぐる議論に対しても、「在韓米軍も、韓国の大統領も韓国の法の上にいることはできない。四季にわたりどのような環境影響があるのか測定されなければならず、神でさえもその規定を飛び越えることはできない」としてTHAAD配備を1年以上延期する可能性があることを示唆した。 彼は「THAAD問題が解決されなければ韓米同盟が壊れるという話があるがそれのどこが同盟か。防衛的武器体系ひとつで同盟を崩せるのか」と反問したりもした。文特別補佐官は続けて、「今回の韓米首脳会談で韓国が米国を驚かせることはないだろうし、戦時作戦権還収問題も議題に上らないだろう」と予想した。
(引用ここまで)
米国の反応は冷たかった。国務省のエドワーズ報道官(東アジア・太平洋担当)は17日(現地時間)、文特別補佐官の発言に対する中央日報側の質問に「私たちはミスター文(Mr.Moon)の個人の見解と見ている」とし「韓国政府の公式政策が反映されていないはずだ。韓国政府に確かめてほしい」と答えた。戦略資産の展開と合同軍事訓練の縮小が文在寅大統領の提案だと文特別補佐官が明らかにしたことに対し、これを韓国政府の公式立場として見なさず、受け入れることもできないという考えを公開的に表明したのだ。

当初は「韓米合同軍事訓練などは韓国を保護して韓半島の安定を守ろうという目的で、40年間にわたり定例的かつ公開的に実施してきた訓練」という要旨の答弁を準備していたが、「ミスター文の個人の見解」という言葉に変えたと伝えられた。
(引用ここまで)

 ムン・ジェイン政権がやばい。
 当初から「当選するだろうけども、すごいことになるよ」という話は延々してきました。
 あのノ・ムヒョンを継ぐ政治家だからとんでもないことになるからね、という話をすることによって対峙する覚悟を決めようと考えていたのですが。
 余裕でその上をぶっ飛んでいくくらいのやばさ。
 向かい合おうと思って前を向いていたら斜め上を飛んでいたって感じ。

 先日はムン・ジェイン本人によって「核開発とミサイル実験を中断するなら無条件に韓国政府は北朝鮮と対話する」との宣言に続けて、今回は「統一外交安保特別補佐官」がアメリカで同様の発言。
 そしてさらに「アメリカの戦略に韓国が歩調を合わせる必要はない」とまで追加発言。
 さらにさらにTHAADミサイルの4基のランチャー追加配備については「絶対に1年間は環境アセスメントを行う」と断言。

 やばい。
 こちらの想像の上をはるかに越えていくやばさ。
 すでに「アメリカと歩調を合わせない」って宣言した時点でまだ就任から40日経過しただけ。
 残り任期は4年10ヶ月以上。
 段階を踏むとかそういうことなしに、いきなり屋上まできて「まだまだ行くぜ!」って言ってる状況です。

 どこまで行くのか、あるいはどこまで行ってしまうのか。
 しかも、その方向もまるっきりアメリカに背を向けて中国を向いているというわけでもない。
 どこを向いているかというと北朝鮮なのですよ。北朝鮮擁護というか、北朝鮮に対して融和姿勢であるのは間違いないだろうとは思っていましたが。
 統一部長官が記者会見で「開城工業団地再開が必要」って話をしていたことも含めて、まさかここまで最初からクライマックスとは。

 最後の「THAADが配備できないからって米韓同盟が崩れるわけがない。防衛兵器ひとつで崩れるとはどんな同盟だ」っていうセリフも相当にやばい。
 別にアメリカはTHAAD配備だけをどうこう言っているわけではなく、在韓米軍を守る防衛兵器すら配備させようとしない韓国政府の姿勢に対して不信感を持っているという話を理解していないところがやばい。
 アメリカの国務省報道官による唖然とした対応もちょっと面白いですが、それもやむなしって感じですね。

 ……いやもうホント、すごい。
 こちらの予想の上限をふたつか3つ以上超えているスピードです。
 本当にこれで月末に米韓首脳会談するつもりなのかってレベルですよ。

小説 仮面ライダー電王 東京ワールドタワーの魔犬 (講談社キャラクター文庫)
白倉伸一郎
講談社
2013/7/25