ドルトムント、「アジアの宝石」イ・スンウ迎え入れ推進(InterFootBall・朝鮮語)
ボルシア・ドルトムントが韓国U-20ワールドカップ代表チームのエースイ・スンウ(19、バルセロナ)の加入を推進しているという。

ドイツのメディア「ビルト」は18日、「アジアの宝石がボス監督のもとに向かうかもしれない? ドルトムントはバルセロナの新星イ・スンウに関心を持っており、加入を推進している。ドリブルが得意なイ・スンウは祖国である韓国で開催されたU-20ワールドカップを通じてドルトムントスカウトの目を捕らえた」と報道した。

続いて、この媒体は「ドルトムントは7月13日から19日まで、日本と中国のツアーを通じてピーター・ボス新監督がデビューを行う。そして、そこから浦和レッズ、ACミランなど試合を行うが、このときイ・スンウが出場する可能性がある」と具体的な事実を報告した。

ドルトムントがイ・スンウを迎え入れたい理由は明らかである。イ・スンウは、今回のU-20ワールドカップで韓国代表チームのエースの役割を果たしており、2ゴール1アシストを記録して注目された。特にイ・スンウは、アルゼンチン戦で素晴らしい突破ゴールを記録し、自分の価値を証明した。

着実にビッグクラブのラブコールを受けている。イ・スンウはバルセロナユース所属で、すでに多くの注目を集めており、2011年に入団し、韓国のメッシュという評価を受けた。しかし、バルセロナのスーパースターメッシ、ネイマール、スアレスの間で1軍のチャンスをつかむことが難しい状況であり、現在のマンチェスター・シティなどがイ・スンウを注目している。
(引用ここまで)

 「アジアの宝石」イ・スンウがバルセロナからドルトムントへ移籍するという話が出てきて、韓国がだいぶ沸いています。
 ……19歳になって3部のバルセロナBに1試合すら出場できなかった選手が、ブンデスリーガで今季3位、ドイツ杯で優勝、CLに出場するリーグ屈指の強豪に移籍して出場できるつもりでいるっぽいのですよ。
 代理人も「話があるのは本当」とかコメントしていて、それが記事になってしまうレベル。

 ドルトムントでは同世代のプリシッチ、デンベレといった選手はアメリカ代表、フランス代表に招集されつつ、主力としてやっている。ふたりともリーガ、ドイツ杯あわせて40試合以上出場していますね。
 そこに韓国のA代表にすら招集されていない、プロリーグでデビューすらしていないイ・スンウがやってきてどれだけ出場機会があるのかって話なのですが。
 まあ、U-23に回されて終わりな気がします。

 ざっくりとコメント欄を見ても歓迎7割、無理だろうとするもの3割。多くは「ドルトムント移籍! すばらしい!」みたいな感じですが、サッカーを知っているユーザーは「ドルトムントなんて無理すぎる」といった諦観ってところです。
 コメント数は1500オーバーでけっこうなバズり具合。かなり大きなニュースとして扱われているってところですね。
 いくつかコメントも紹介しておきますか。

・ビルトなら正しい情報かも。バルサで継続が難しいくらいなら、少しでも可能性のあるドルトムントに行くのがよいのでは。
・ドルトムントなら可能性がある。ストライカーを育ててくれるから。
・ドルトムントが初進出するプロの大人の舞台であれば最適だ。うまくいけば大きくなれる。
・行こう、スンウよ。
・一日も早くプロデビューするのがいい。
・ドルトムントでレギュラーとしてプレイできるくらいならバルサAでもベンチに入れる。いま、イ・スンウのレベルでドルトムントに行ってもレンタルに出されるだけだ。オーバメヤンが移籍すればチャンス? ちょっと客観的に見てくれ。チ・ドンウォンがドルトムントにいたときのことを忘れたの?
・スンウがバルサで成功している様子を見たい。
・イ・スンウが全北に移籍してもレギュラーになれるかどうか。現実を直視しろ。
・チ・ドンウォンのドルトムント在籍時は記憶から消すググポンたち。

 移籍できるならしてもいいんじゃないですかねー。

(プーマ)PUMA サッカー ボルシア・ドルトムント ホーム レプリカ半袖シャツ 749821 [メンズ] 01 サイバーイエロー/ブラック L
PUMA(プーマ)
2016/5/17