ムチャぶり?文在寅氏の鶴の一声で「仁川国際空港の非正規1万人を正規雇用に」 ロボット導入で合理化方針が一転(産経新聞West)
   ↓
「非正規職ゼロ」宣言信じていた... 解雇の危機に置かれた従業員(SBS・朝鮮語)
 仁川(インチョン)国際空港を訪れた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「任期内に公共部門『非正規雇用ゼロ』時代を切り開く」と宣言したことが、空港の運営に動揺を与えそうだ。同空港の評価は高く、サービス面や乗り継ぎ面では常に世界トップ級という。今年から清掃・案内ロボットの試験導入を始め、将来的には保安・警備を担当するロボット導入も検討する。業務効率アップを目指す取り組みなのだが、文氏の宣言を受けて空港公社の鄭日永(チョン・イルヨン)社長は非正規1万人を年内に正規雇用に切り替えると発言。「ロボット導入で人員削減」の合理化方針が一転してしまったわけだ。
(引用ここまで)
   ↓
去る5月31日、仁川空港公社は15年間働いてきたエレベーターの整備請負業者を交代させた。

新たに採用されている立場となった非正規労働者の90人余りは正規職転換対象から覗かれるのか、心配で心細い状況が続いています。
さらに新しい下請け業者は今月初めに半分を解雇すると通知したが、労働者たちの反発によって棚上げになっています。

キム氏/仁川空港公社の非正規職:「ああ本当に正規職れるんだ」と歓声も上げたのですよ。ところが5月末に入ってから仁川空港公社、非正規職の予算がちょっと不安だということで……本当にこうして霧散されるのではないでしょうか」

道路交通公団は事情がより深刻です。

非正規職35歳チョ某氏は、契約期間が満了する今月末に仕事を失いました。
チョさんのように契約が満了した非正規職は15人。このうち契約延長になった人は一人もいません。

チョ某氏/道路交通公団非正規職:「(正社員転換に)該当する場合もあり、該当しない可能性もある状況で「ああ、私はもうだめだ」と。このような状況で霧散してしまって、本当に切ないのです。

政府は具体的な対策が用意されている8月まで、このような副作用を防ぐために今月初め、各公共機関に公文を送った。

「早いうちに外注契約が満了した場合、新規契約の代わりに既存の契約を延長するように指示します」

期間制法上、2年以上勤務した非正規職は正規職に転換するべきなのに、新たに契約すると、再び2年を待たなければならないからです。
しかし、公共機関各自の判断に基づいて新規契約や解雇が相次いでいます。

取材が続いた仁川空港公社は、新規契約者も正規職転換対象に入れたいと釈明し、道路交通公団側は人件費の問題で契約延長の意思がないという従来の立場を固守しています。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインが大統領に就任したのが5月10日。
 で、「仁川国際空港に労働者の声を聞きに行く」として向かったのが5月12日。サヨクですから、「労働者のための政策」を重視していることが分かりますね。
 んでもって、その場で大統領の鶴の一声で「仁川国際空港の非正規労働者をゼロにします」と宣言したのですよ。
 格差是正は韓国において喫緊の課題とされています。大手企業と中小企業の平均賃金差は4倍。これをなんとかしなければならないというのは保革関係なしに公約に掲げていました。
 大統領選挙中、各陣営とも「私が大統領になったら現在の格差を緩和します」と口を揃えて言っていたものです。
 実際にムン・ジェインは実際の労働の場に赴いて、その対策を打ち出した……というわけですね。

 まあ、問題をピックアップするのであれば正社員転換への財源は公社に丸抱えさせて、政府からはなんら支援がないということくらいなものですか。

 ムン・ジェインの余計な一言鶴の一声で8月に公企業から非正規労働者を一掃しなければならない。
 であればそれまでに可能なかぎりの非正規労働者のクビを切ってしまえばOK。
 財源を丸投げされた公社はそう考えても不思議じゃない。というか、企業としてはそうすべき案件です。

 先日、研究機関でも非正規労働者が雇い止めされていましたが、なんらかの経済的な構造があって非正規労働者が多数雇用されていたのですよね。
 その構造を変革することなく、表面に見えている非正規労働者をゼロにするというだけの施策であれば「非正規労働者が存在しなくなる」だけなのです。
 ほら、「非正規労働者の存在しないキレイナ韓国」のできあがりです。

 ……ムン・ジェインの政策は政策の体を為してないのですよね。財源なしに年間6000億円かかる子供手当を新設し、基礎年金の支給金を1.5倍に増やしてしまうとかその象徴と言えるでしょう。
 ちなみに「基本使用料を全額カット!」って叫んでいた携帯電話の聖公約も霧散したそうです。これもあとでピックアップできるようであればしますが。

 現実を見据えることなしに、「ここを直せ!」って言われても直しようがないのですよ。
 構造を変えることこそが根本なのに、表面しか見ていないのですから。

「経済政策に疎いポピュリストの彼はバラマキで支持を得ようとするだろうが、これは失敗が見えている」……大正解か。
韓国人に生まれなくてよかった
武藤正敏
悟空出版
2017/6/1