韓国の丁世均議長が大放言! 「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」「日本企業は韓国の若者を引き受けろ」…大島理森衆院議長らと会談で(産経新聞)
 それによると、韓国与党、「共に民主党」幹部でもある丁氏は会談冒頭から「昨年は今回のような招待がなかった」と日本側の対応に不満を漏らした。

 その上で韓国の経済状態がよくないことを指摘し、「日本は景気がいいのだから、査証(ビザ)を簡素化して、韓国の若者を日本企業で引き受けてほしい」と要求した。

 また、弾道ミサイル発射実験を繰り返すなど北朝鮮情勢が影響し、訪韓する日本人観光客が減っていることを「よくない」と指摘。「平昌五輪に日本人観光客がたくさん来るように努力してほしい。もし少なかったら、東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と言い放ったという。

 さらに歴史問題にも言及し、先の大戦で旧日本軍の兵士・軍属として終戦を迎え、いわゆる「BC級戦犯」とされた韓国人への戦後補償についても「ちゃんとやってほしい」と取り組みを求めた。 (中略)

 韓国の文喜相(ムンヒサン)大統領特使が5月18日に安倍首相を表敬訪問したときには、首相が座った椅子が文氏の椅子とデザインが異なり、若干大きかった。これを気にした丁氏サイドが「首相と韓国議長の椅子を同じものにしてほしい」と要請してきたため、丁氏表敬時には同型の椅子を用意した。

 安倍首相と丁氏が「同格」であると演出する狙いがあったとみられるが、外務省関係者は「韓国大使館から杉山晋輔事務次官にまで『椅子をなんとかしてほしい』との電話がかかってきた。理解不能な反応だった」と話している。 
(引用ここまで)

IMG_8200
 この国会議長が来日する前に「昨今の日韓関係は正常でないので改善したい」と言っていた人物ですね。
 あくまでも「旧来の日韓関係」こそが正常な日韓関係であるという認識であれば、こういう態度でもむしろ当然かなという気がします

 韓国人にありがちなパターンなのですが、自分の手札を異常なまでに過大評価するというクセがあるのです。
 どう見てもワンペアがいいところなのに「こっちの手はいい手だぞ、コールしたらひどいことになるぞ」と言い続ける。
 それを補強するのがブラフ……というか単純なウソですね。
 たとえば「エリクソンは15億ドルを韓国に投資する!→ウソでした」を韓国大統領府自らやってしまう。

 この国会議長も同じことを言っているというかやっているというか。
 日本人観光客が韓国に来ない、そして韓国人は日本に山ほど観光へ向かっている。
 だったら、東京オリンピックに韓国人が向かわなかったら日本が困るんじゃね。これを人質にして平昌に日本人を来させるようにすればいいんだって思いついたのでしょうが。
 その手札、ブタですから。
 東京オリンピックに韓国人がこないなら日本人向けのチケットに回してOK。
 日本人はなんだかんだでお祭り好きですし、「韓国最後のフロンティア」である平昌みたいなド田舎に行く必要もない。

 そんなブタを出されても「OK、じゃあそれでコールしようか」って言われて終わりなのですが。
 というか、むしろきっちり制度化するとよいと思います。
 平昌オリンピックでの日本人入場者が○○人以下だったら韓国人は東京オリンピックに出入り禁止って。
 なにしろ国会議長様が自ら言い出したことですから。
 日本も唯々諾々と従うのがよいんじゃないでしょうかね。

 椅子の大きさ云々は、特使が日本に来た際に座らされた椅子が小さいと話題になったのですよ。
 他の元首が来たときとも比較されていましたね。
 それを知っていて「私は安倍総理と同格だ」と韓国内でアピールしたいがためにこういう話を持ち込んだのでしょう。
 「どちらが上なのか」という格にこだわる韓国人ならではの視点ですね。