監禁・売春強要されたタイ人女性を救出 /釜山(朝鮮日報)
 今年5月16日午前4時20分ごろ、釜山市釜田洞のスーパーマーケットを外国人女性5人が訪れた。数カ月前から周期的に未明に来店し、即席麺やトイレットペーパーなどを購入するなじみの客だった。この日はうち1人が先にレジに来て、店員に代金を差し出したが、その間に手のひらほどの紙きれが挟まっていた。英語、韓国語、タイ語で書かれており、英語は「私はビルの4階に捕らえられている」という内容だった。韓国語はたどたどしい文体で「警察を呼んでほしい。私は建物の4階に捕まっている。私はだまされた。彼は私を違法に働かせる。私はタイにいた。知らせてほしい。助けを求める」と訴える内容だった。

 店員は女性が監禁されており、助けを求めていることを察知。そのメモに英語で「112(警察)に通報し、あなたを助ける」と書いた。

 しかし、タイ人女性は首を横に振り、すぐに商品を手に一行と店を出ていった。店外では30代とみられる韓国人男性が待っていた。店員は「すぐに通報すれば報復されると思ったのではないか」と感じた。 (中略)

 警察は占い店が違法風俗店だと確信。同日午後9時ごろ、警察官十数人が店内を捜索し、店を摘発した。男は今年3月から店内にタイ人女性5人を閉じ込め、1回9万−16万ウォン(約8900−1万5800円)で売春をあっせんしていた。(中略)

 警察は男のほか、タイ人女性を紹介したブローカー(40)、風俗店の従業員を検挙した。男はタイで現地人女性に「韓国のタイマッサージ店で働かないか」と持ちかけ、観光ビザで入国させていた。ブローカーはタイ人女性1人を韓国に連れてくる費用として、300万−500万ウォンを受け取っていた。

 男は女性たちの旅券を取り上げ、店の入り口を鉄の扉で封鎖し、監視カメラを取り付けた。
(引用ここまで)

 また人身売買で売られてきたタイ人女性が韓国で保護される。
 2014年にも2013年にもまったく同様のケースがありましたね。2013年にはさらに17歳のタイ人少女も救出されています。
 楽韓Webで扱っているだけのものでもこう。実際の事件はもっとあります。だいたい、被害者だけが変わっているコピペ事件なのですけどね。
 こんな国が16年連続でアメリカ国務省の発行している人身売買実態報告書で最上位判定を受けている不思議。

 ま、今年から圧力のために中国のランクを落としたなんてことでも分かるように、実際の行動とランクは異なっているのですが。
 ちなみに件の報告書の韓国についてはこちら。

2017 Trafficking in Persons Report / Republic of Korea

 韓国国内でだけやってればいいのにね……わざわざ韓国人が韓国人を連れてきて日本で、アメリカで、ニューヨークで、ダラスで、オハイオで、オーストラリアで、ニュージーランドで商売するのをやめてくれないかって話なのですが。

 こんなまるっきり同じ構造の犯罪を何度も何度も犯していて、第二次世界大戦中だけは民族全体が清らかでしたなんてことがあり得るのかって話でもありますね。

平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学
M・スコット・ペック
草思社
2011/8/12