韓国人の日本軍慰安婦収めた戦時の映像 ソウル大研究陣が公開(聯合ニュース)
日本軍慰安婦の映像公開、「合意再交渉」のカギとなるか(朝鮮日報)
1944年、当時の日本軍の慰安婦だった韓国人の姿を撮影した映像が、73年の歳月を経て初めて公開された。これまで、中国人の慰安婦を映した映像が公開されたことはあるが、韓国人慰安婦についてはその悲惨な様子を証明するものが文書と写真、証言しかなかった。 (中略)

 ソウル市とソウル大人権センターは5日、中国雲南省・松山に捕虜として捕えられていた慰安婦7人を撮影した18秒の白黒の映像を公開した。ソウル大研究チームが米国立公文書記録管理局(NARA)所蔵のフィルム数百本を一つ一つ確認した末に見つけ出したものだ。

 映像には、米中連合軍傘下の第8軍司令部の中国軍将校とみられる男性が慰安婦の1人と会話している様子が映っている。ほかの女性たちは不安げな様子で口をつぐんでいる。女性たちは皆はだしだ。

 映像が撮影された44年9月8日の直後、米中連合軍は日本軍が占領していた中国・松山を奪還した。奪還の過程で日本軍の慰安婦だった24人のうち10人が生き残り、連合軍の捕虜として捕えられた。
(引用ここまで)
 今回の映像が「慰安婦合意の再交渉」など慰安婦問題を解決する上で重大な役割を果たすとの意見も出ている。

 人権連帯のオ・チャンイク事務局長は「慰安婦問題の加害当事国である日本は、存在自体を否定する態度を見せている。しかし被害者の女性たちの状態を推し量ることのできる映像が公開されたことで、この問題を究極的に解決できる一つの鍵となった」と評価した。特に映像は写真より確実な証拠となるため、影響が大きいというわけだ。

 オ局長は「韓日の慰安婦問題に関する各種論争を払拭できる重要な証拠を確保した。新政権が進めようとしている慰安婦合意の再交渉にとっても追い風になる」と歓迎した。

 しかし今回の映像を、慰安婦問題を立証する資料として活用することについて、研究チームは慎重な反応を見せている。

 カン教授は「外交的攻防という意味合いで、政府から頻繁に資料を要請される。しかし強制性について立証するのはむしろ慰安婦問題に悪影響を与える。この映像は全体的な歴史の真実を明らかにする資料と考えてほしい」と主張した。
(引用ここまで)

 18秒ほどの「映像としての資料」が見つかったのは慰安婦関連でははじめてのことだそうですよ。
 今回発見された資料だけじゃなく、他の画像資料を見てもきれいな洋服を着て清潔にしている様子しか見られないのですよね。
 靴を履いていないのは捕虜になったばかりだからかな。ま、その辺の事情は不明ですが。

 面白いのは市民団体と資料を発見した大学教授の言っている話が180度異なっていること。
 「人権連帯」というのは名前を見てもすぐ分かる韓国の市民団体。
 なぜか「日本政府は慰安婦の存在そのものを否定している」ことになっています。
 で、今回の資料発見は「論争を払拭できる」ものなのだそうですよ。
 曰く「慰安婦合意の再交渉にとっても追い風だ」と。

 その一方でソウル大学の教授は「全体的な歴史の真実を明らかにする資料としてほしい」って語っちゃう。
 それどころか「強制性について立証するのはむしろ慰安婦問題に悪影響を与える」って言っちゃう。

 さすがにソウル大学教授のほうは現状認識ができているかな。
 「これ以上、本当の歴史を掘ると韓国政府の立場的にはやばい」というのが分かっちゃっている感じです。
 で、韓国人は多くが市民団体のセリフを信じるのでしょうね。
 「日本政府は慰安婦の存在そのものを否定している。これが証拠だ!」っていまだにやっている。
 2012年の時点で「吉田清治の書いた1冊の本を読めば、強制連行があったかどうかなどすぐ分かる」なんてバカな話を韓国最大のマスコミであるはずの朝鮮日報が書いちゃうレベルですから、しかたないのでしょうけどね。

「パリは燃えているか」NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版
加古隆
SMJ
2016/1/20