安倍晋三首相、慰安婦問題の日韓合意は「欠くべからざる基盤」 シャトル外交再開で一致(産経新聞)
 安倍首相は、日韓合意に関し「未来志向の日韓関係を築くために欠くべからざる基盤だ。難しい問題が全体の日韓関係に悪影響を及ばさないよう適切にマネージすることが共通の利益だ」と強調した。文氏は「韓国国民の大多数が合意を情緒的に受け入れられずにいる現実を認め、両国がともに努力して賢明に解決していきたい」と述べた。

 両首脳はまた、日中韓首脳会談の東京での早期開催でも一致した。北朝鮮については、安倍首相が「核・ミサイル開発を止めるには、外貨獲得源を遮断することが必要だ」と述べた。
(引用ここまで)

 ふむ、慰安婦合意に対する日韓の扱いの違いが如実に表れていますね。
 ムン・ジェインはあくまでも「韓国国民が受け入れることができない」という話を全面に押し出している。
 「情緒的に受け入れることができない現実を認め、両国が努力して賢明に解決していきたい」、すなわち日韓合意についてなんらかの再交渉を前提とした認識であると。
 ただ、シャトル外交を再開するというようにそれはそれとして、他の外交懸案は話し合うという方針のようですね。
 その一方で日本からは慰安婦合意について「日韓関係を築くために欠くべからざる基盤だ。難しい問題が全体の日韓関係に悪影響を及ばさないよう適切にマネージすることが共通の利益だ」と宣言。
 つまり、慰安婦合意こそが日韓関係の一丁目一番地である。これを無視することはできない、ということですね。

 そして、日韓関係に言及するときには常に出るようになった「マネージ」という単語。
 このマネージという単語、ムン・ジェインが政権に就いてから出るようになったのですよ。初出は5月の特使に対しての発言
 つまり、ムン・ジェイン政権との関係は「マネージ」していくべきものであるという認識であるということなのですね。

 ついで北朝鮮に対して安倍総理から「核・ミサイル開発を止めるには、外貨獲得源を遮断することが必要 」との話。
 開城工業団地や北朝鮮への団体観光を再開させようとしているムン・ジェインに釘を差したということですが、認識できているかどうか……。
 予想はされていましたが米韓首脳会談と同様、日韓首脳会談でもこれといって新しい話はなし。
 まあ、「マネージする」という観点からすればこれで当然なのでしょうね。