金利年35%の美容整形ローンで荒稼ぎ /ソウル(朝鮮日報)
 ソウル地方警察庁広域捜査隊は10日までに、高金利で美容整形手術の費用を貸し付け、暴力で利息を奪い取っていたとして、容疑者の男(47)ら2人を貸金業法違反の疑いで逮捕し、容疑者から顧客のあっせんを受けた美容整形医(42)ら3人を医療法違反の疑いで在宅のまま取り調べている。顧客あっせんと取り立てを担当していた組織のメンバー15人、融資資金を投資していた男(49)た20人も同時に立件された。

 容疑者らは2014年1月から6月にかけ、ソウル市の江南地区に無登録の貸金業者を開業し、江南地区の風俗店の女性従業員378人に対し、55億ウォン(約5億4600万円)を年34.9%という高金利で融資し、19億ウォンの利息を受け取った疑い。借金を期限までに返済しない女性には売春を強要していた。容疑者らはまた、江南で病院を経営する美容整形外科医3人と共謀し、顧客をあっせんしていた。美容整形外科は顧客の紹介を受ける見返りとして、手術費用の30%の手数料を支払い、女性が支払った手術費用の50%を月ごとに貸金業者に分配していた。
(引用ここまで)

 「34.9%の金利で荒稼ぎしていた業者を摘発!」
 うーん、荒稼ぎ……ねえ。
 確かに現在の日本の水準から見ると荒稼ぎに見えますし、ヤミ金融だなぁ……という感じですが。

 現在の韓国における上限金利は27.9%。
 去年の3月まで34.9%でした。
 この記事の違法貸付業者の金利は34.9%。
 まあ、ですから違法といえば違法ですが、そんなに目くじら立てるような数字でもないような気がします。
 無登録の貸金業者の場合の上限金利はまた異なっているのですが、どっちにしたって……ね。

 ちょっと韓国の貸し出し時の上限金利のことでも書きますか。
 2007年までは66.6%でした。……こんな数字だったら、いっそのこと上限金利なんてなくてもいいと思いますよね?
 実際、2002年以前は青天井だったのです。
 「金利の欄に好きな数字を入れてね!」(業者が)みたいな感じです。

 青天井→66.6%(2002年)→49.9%(2007年)→44.9%(2010年)→39.9%(2011年)→34.9%(2014年)→27.9%(2016年)だったかな。
 一応、経済成長率が悪化する度に低くなってはいるのですけどね。
 青天井になる前は上限金利があったはずなのですが、それが撤廃されたきっかけはなんだったかなー。

 話を今回のニュースに戻しましょうか。
 しかも、貸し出し対象は風俗店勤務の女性というリスクの高い相手。
 なにしろどの国であっても延滞率の低さ(1-10%)で知られているマイクロクレジットを韓国で実施したときの延滞率は驚きの数字でしたからね……。
 そういう意味において、彼女たちに貸し付けてくれる登録貸金業者はいたのかなぁ……という気もします。
 そもそもの手術費用を高く設定されていた可能性もありますけどね。
 それにしたって、「良心的」な違法金利だとは思いますわ。