【社説】批判世論に耳を貸さない文在寅政権の「不通」人事(朝鮮日報)
 韓国雇用労働部(省に相当、以下同じ)長官候補に指名されていたチョ・デヨプ高麗大学教授が最終的に自ら長官就任を辞退した。しかし文在寅(ムン・ジェイン)大統領はチョ氏以上に問題が多いとされていた宋永武(ソン・ヨンム)元海軍参謀総長には野党の反対を押し切り、国防部長官の任命状を手渡した。批判の世論には耳を貸さないまさに「不通」だ。しかもこの任命には裏取引の存在も指摘されている。要するに国務委員(閣僚)など国の重要ポストの人事を行うに当たり、いかなる人物が適任かということよりも、野党との取引によって決められているのが実態ということだ。

 宋氏とチョ氏の二人はいずれも大統領選挙当時は文大統領の陣営にスタッフとして加わっていたが、この二人を長官に就任させる力ずくの人事がこれほどひどくなるとは予想もできなかった。チョ氏は飲酒運転と自らが関与する企業の勤労基準法違反が問題視されたが、宋氏は防衛関連企業との癒着が疑われており、それだけでも国防改革のリーダーとなる資格はないだろう。また宋氏は飲酒運転の前歴があることに加え、ここ5年間に韓国軍のゴルフ場を250回以上も利用し、とりわけ延坪海戦記念日など軍の重要行事が行われた日にもゴルフ場に通っていたことが分かっている。しかしそれでも文大統領はチョ氏は辞退させながら宋氏については任命を強行した。大統領府はこれまで人事に関して「文大統領は原則を重視する」と何度も説明してきたが、今回の任命のどこに原則があるのだろうか。

 文大統領は「政府高官人事の5大原則」を掲げていたが、これは今やほぼ意味を成さなくなった。最近新たに指名された長官候補者らもこれまでと同じく偽装転入(実際に住んではいない場所を居住地として届け出ること)や違法増改築といった問題が次々と明るみに出ているが、なぜこのような人物たちをわざわざ選んできたのか疑問を感じるほどだ。
(引用ここまで)

 ああ、ソン・ヨンムを強行任命したのか……。外交部長官の「対日外交最終兵器」ことカン・ギョンファに続いての強行任命ですね。

 飲酒運転を隠蔽した経歴があることと、記事にあるように軍のゴルフ場を週1以上のペースで使っていたことなんかが批判されていた人物です。
 それと納入不正の内偵を中止させたなんていう疑惑もあります。

 もっともすごい経歴は法律事務所から軍退任後に顧問扱いで月3000万ウォンの顧問料をもらっていたことですかね。
 2年9ヶ月で約10億ウォンを顧問料として受け取っていたのですよ。
 超天下りですね。

 さすがにこいつばっかりは無理だろってことで、あの極左紙であるハンギョレすらも「この人物を長官にするのは理解できない」という記事を書いているほど。

[記者手帳]ソン・ヨンム、「理解しがたい世界」(ハンギョレ)

 ムン・ジェイン政権を聖なる政権として扱っているハンギョレですらここまで言ってしまうレベルでダメ。
 それでもムン・ジェインの選挙スタッフとして貢献してきた人物なので、どうしても入閣させたかったということなのでしょうね。

 まあ、韓国における「成功者」というのはこうなるものです。
 コネを作るために顧問として乞われて雇われる。で、多額の顧問料をもらう。
 ムン・ジェインのいうところの5大不正に一切関わらずに、上流にいることのできる韓国人なんて存在しないのです。

 ところで件のソン・ヨンム。今日の任命式に遅刻しそうになって、バス専用線を走ってきたそうですよ。
 どこまで行ってもアレな人間だなぁ……。

ダメ人間の心理学 イースト雑学シリーズ
中嶋真澄
イースト・プレス
2012/10/10