巨額投じた韓国製機動ヘリ、問題だらけで戦力化中断へ(朝鮮日報)
スリオン不正、朴の同級生チャン・ミョンジン防事庁長照準(韓国日報・朝鮮語)
 韓国軍が「名品国産兵器」と宣伝してきた韓国製機動ヘリコプター「スリオン」の開発・戦力化の過程が非常にずさんだったことが監査院の監査で明らかになった。スリオンの開発・量産にはこれまでに2兆2700億ウォン(約2700億円)が投じられている。監査院は17日、スリオン事業を総括している防衛事業庁に対し、欠陥を修正するまで戦力化(納品)を中断するよう通告する予定で、これに伴い今後の量産と輸出にも大きな支障が出る見通しだ。

 監査院は「スリオンのエンジン・機体・搭載装備などに多くの問題があり、機体内部に水漏れすることが確認された。すでに戦力化された約60機も基本的な飛行の安全性すら確保できないまま運営されている」と指摘した。特に監査院は「飛行の安全性に直結する結氷(防止)性能が検証されないまま開発が終了し、これは2015年に3回発生した墜落・不時着事故の直接・間接的な原因となった」と説明した。結氷の問題はヘリコプターの安全性に直結するにもかかわらず、防衛事業庁は12年6月「結氷テストは今後海外で実施する」とした上で「戦闘用として適合」との判定を下した。結氷テストは戦力化から3年が経過した昨年1月に米国で実施されたが、不合格となった。問題を改善するためには部品の設計変更など最低でも2年を要するとの結論が出たが、防衛事業庁はこれを無視し、昨年12月に戦力化を再開した。

 監査院は結氷問題を解決しないまま戦力化再開の決定を下した防衛事業庁の張明鎮(チャン・ミョンジン)庁長ら関係者3人について、大検察庁(最高検に相当)に捜査を要請した。
(引用ここまで)
監査院は、特に不実スリオンを実戦配備する過程でパク・クネ大統領の西江同窓生であるチャン・ミョンジン防衛事業庁長が介入した状況を確認して、検察に捜査を依頼した。これにより、KAI放散不正事件の範囲が「上層部」に拡大する可能性もなくはない。 (中略)

1974年西江電子工学を卒業したチャン庁長は、朴元大統領と同期同窓で、研究室でお弁当を一緒に食べるほど近く過ごしたという。このような縁で朴槿恵政府は、2014年民間専門家にチャン庁長を破格抜擢した。
(引用ここまで)

 スリオンは2013年に制式採用となった韓国陸軍の汎用ヘリコプターです。
 当時から「0から100まで韓国独自の技術で製造された名品兵器」と宣伝されてきましたね。

 ちなみに制式採用になったその年には早くも、いつもの部品証明書偽造が判明しています。
 ついで2014年には「韓国による独自技術によって設計、開発、製造された」という肩書きが、動力伝達装置が輸入されたものであるということで嘘であることが判明。
 約450個ある部品のうち、134個の部品についてはライセンス生産の許諾をもらい、約80個については生産自体はしているということなのですが、エアバスヘリコプターが「すべての部品について生産し、クオリティが一定以上になるまで納入は許さない」ということでこれまでの納入実績はゼロであるということも判明
 さらにこれについて韓国政府がエアバスヘリコプターに対して違約金を請求しようとしたところ、部品メーカーが「どうせ我々が間接的に支払うことになるのだから止めてくれ」と要請している、なんてこともありましたね。
 いまに至っても動力伝達装置のライセンス生産はできていないそうです。

 去年には飛んでいるだけで機体フレームにひびが入り、低温になると窓ガラスにあたるウインドシールドにもひびが入ることが判明。というか、試験機から分かっていたことなのですが、無視して開発を進めていたことも判明。ウィンドシールドは全面崩壊するような事態もあったそうですわ。
 さらにエンジン吸気口が氷結するという致命的な事故につながりかねない不具合も見つかって納入中止になったのですが、製造元のKAIは「こんな低温かつ高湿度になることは韓国ではありえない」とコメント。
 そのコメントに従うように去年12月には納入が再開されていたのですが、今年2月にローター作動機にひびが見つかって、さすがに運行中断。
 3月から監査が入っていたのですよ。
 で、監査の結果、さらに雷に対する防御機構もまったくなく、いつ落ちても不思議のない代物であるということが判明。
 再度納入中止処分にしたそうです。

 ただ、現状で韓国陸軍と警察庁ですでに60機以上が納入され、運用されていました。
 さらに艦載型はすでに開発完了していて、これまで艦載ヘリを持っていなかったという独島級強襲揚陸艦にようやく艦載機が……と期待されていたのですが、これも延期されるでしょう。

 すべての汎用ヘリコプターをこのスリオンにリプレイスする予定だったので、さあどうしようというのが現状。陸軍にはまだUH-1があるのでそちらで運用はできるのでしょうけどね。

 で、その強引な納入をしてきた防衛事業庁のトップが「パク・クネと同級生で、お友達入閣していた人物」であるということでまた揉めていると。
 まあ、すべての韓国における諸悪はパク・クネの責任であり、その悪を倒すために生まれたのがムン・ジェイン政権ですからね。
 今回もこの防事庁長を高く吊し上げて満足することでしょうよ。

スリオン アルミガラスクロステープ50mm 9810002050X20
スリオンテック
2010/6/6