「韓日慰安婦合意不可逆表現の入った経緯調査」(中央日報・朝鮮語)
カン・ギョンファ外交部長官が18日、外部の人事が参加する慰安婦の合意検討タスクフォース(TF)を構成、合意文に「最終・不可逆解決」という表現が入った経緯を確認すると発表した。

カン長官は中央日報とのインタビューで、「2015年韓日が12・28慰安婦合意を発表したとき、本当に奇妙な合意だと思った」とし「最後にあえて『最終・不可逆的に解決』という部分を入れる必要があったのだろうかと感じた」と話した。それとともに「長官就任後、いくつかの報告を受けてみると、明らかに全体的に検討しなければならないものであるのでTFを発足しようとしている」と付け加えた。

TF構成と運用方法と関連して姜長官は「かつて外交部の次元でTFを進めて私が直接管掌する」とし「チームメンバーは外交部職員だけでなく、外部の専門家も含めるだろう」と述べた。

カン長官は再交渉については「言葉というのは書いている瞬間からそちらに期待が集まってしまうものなので、その言葉を使わずにいる」と言いながらも「TF調査結果に基づいて再交渉も念頭に置くことができるか」という質問には、「1つのオプションであることは承知している」と答えた。
(引用ここまで)

 かつて韓国政府の高官から「日本が謝罪したこの合意から戻らせないように、不可逆という文言は韓国側から入れさせたのだ」というコメントがありましたが。
 あれはウソであると思いますね。
 「日韓通貨スワップ協定の増額を求めてきたのはそもそも日本である」というコメントと同様に。
 韓国国内から慰安婦合意への批判が大きくなったことに対する言い訳でしょう。「日本の言いなりになったのではない」ということにしたかったのです。

 むしろ、不可逆的という言葉に関しては、合意直後に報じられていた「安倍総理は『不可逆』という文言を入れられないのであれば、帰国してきて構わないと言っていたほどにこだわっていた」という報道のほうがすんなりときますね。
 この合意で慰安婦問題を終わらせる意気込みというのはどう考えても日本のほうが大きかったわけですし。
 韓国側はアメリカにいわれて渋々従っていたというのが実際のところでしょう。

 そんな状況で韓国側が「不可逆的」なんて言葉を入れるとは思えません。
 韓国にとって慰安婦問題はいくらでも長引かせるべき、オールマイティなカードだったのですから。
 まあ、その「強いカード」をありとあらゆる局面で使いすぎて「これ禁じ手な」って事務局にいわれてしまうというMtGのような状況になったわけですが。

 そもそも「最終的・不可逆的」って記された理由を探るためにタスクフォースを発足とか、枝葉末節でどうでもいいことですわ。
 韓国の国内事情としては重要なのでしょうけども。
 どうにかして日本側の隙を見つけて再交渉に持ちこみたいんでしょうが、合意そのものに「最終的、かつ不可逆的」とされている以上、もう動かしようがないと思うのですがね。
 破棄、再交渉を言い出せば日韓関係は終わるのですが、さてそれを理解しているのかどうか。

 ちなみに韓国人によるコメントは「ようやく国になった!」「さすがムン・ジェイン政権!」とかの賞賛の声が8割、「即刻破棄だろ」という反日意見2割ってとこですね。

崩韓論
室谷克実
飛鳥新社
2017/2/7